ぐっすり眠る方法は?トリプトファンと運動習慣が大事!

ぐっすり眠る方法があれば嬉しいですよね。現代人は眠いのに眠れないとか寝ても疲れが取れないといったような状況が多く睡眠不足や不眠で悩んでいる人がたくさんいます。

これをすればぐっすり眠れる方法というのは実は明確には無いのですが、眠れない理由をよく知る事がぐっすり眠る方法を見つける為の早道なのでぐっすり眠れない理由について調べてみました。

ぐっすり眠れないのは?睡眠リズムの乱れ

寝ようと思っても中々眠れないで考えれば考える程眠れなくなるという事がよくありますよね。ぐっすり眠れない時には眠る為の準備が整っていないケースがよくあります。

眠れないのは頭の疲れ?

眠れない時の原因には、頭の疲れというものがあります。体の疲れの場合には睡眠を促進してくれますが、頭の疲れは実は睡眠を阻害してしまうのです。

眠れない時の身体の状況は?

頭の疲れとは別にもう一つ考えられる原因は、眠れない時の体は睡眠に必要な栄養素が足りていない時とそのスイッチを押す為の行動が足りていない事がよくあります。そもそも二つの行動の改善でよくなる事がほとんどなので気をつけるようにしてください。

ぐっすり眠る為の二つの行動とは?トリプトファンと光

ぐっすり眠る為には睡眠の質が関係してくるのですが、その為に必要な事とは摂取が必要なホルモンや栄養素と光を浴びる事が関係しているのですが知っていましたか?

睡眠の為のホルモンとは?

睡眠の質をコントロールしているホルモンは別名睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンというものなのです。このホルモンは覚醒リズムや体内時計をコントロールする役割を持っているのです。

メラトニンと睡眠の関係は?

メラトニンは夜に向けて体内で濃度が高くなるという特徴を健康な人は持っているのです。そしてその濃度が高くなることで睡眠を促す効果を身体にもたらします。しかしそのメラトニンの濃度が低くなると眠れないという症状を発症するのです。

メラトニンが低くなるのはなぜ?

メラトニンが低くなるのはどうしてなのでしょうか?それはメラトニン生成の為のメカニズムに不具合が起きているからです。メラトニンを作る為には脳内におけるセロトニンという幸せホルモンが必要となります。

そして、そのセロトニンを作り出す為に必要な栄養素がトリプトファンなのです。このトリプトファンの不足が睡眠に対するあらゆる障害に繋がっていくのです。

トリプトファンとは?

トリプトファンとはこのように睡眠のメカニズムに重要な役割を果たす必須アミノ酸の一つである栄養素なのですが、これは体内で作り出すことが出来ず食事からしか補給することが出来ない成分なのです。

トリプトファン不足になるのは?

トリプトファンの成人の一日あたり必要な摂取量は体重×2mgとなります。そしてトリプトファンが豊富に含まれている食材は肉や魚などの動物性タンパク質となります。よって野菜や果物中心の食事や極端なダイエット食となっている人はトリプトファン不足となってしまうのです。

良質な睡眠の為に必要なこと?光を浴びることです

よく眠るために必要なトリプトファンをしっかり摂取し、メラトニンが出来上がってもそれだけではまだ足りないのです。

メラトニンを分泌させる

体内で作られたメラトニンを睡眠の質を高めるためには分泌をさせる事が必要となります。そのメカニズムを理解しておく事もよく眠るためには重要な事なのです。

そのメカニズムとは?

メラトニンを分泌させる量は実は、光の量に関係しているのです。メラトニン生成のスイッチは光が担っていて光を浴びない生活をしているとそのスイッチが押されなくなってしまうのです。

また、実際に分泌されるのは光を浴びてから14時間後となるので朝起きたら太陽の光を浴びるという行為は非常に重要な意味を持つのです。

ぐっすり眠れないと?最悪はうつ病となってしまう

ぐっすり眠れないと人間はどうなるのかをおさらいしておきましょう。ぐっすり眠れないという事は即ち睡眠の質が悪いという事なのです。睡眠の質が悪いと様々な症状に悩まされる事になるので睡眠を甘くみてはいけません。

どのような症状が出るの?

    <ストレスまみれな症状>

  • 異常に眠気を感じる
  • 何かをするのが面倒くさい
  • ビクビクする感じがする
  • 何事に対しても無力感となる
  • 無愛想な対応となる
  • 敵意を持つようになる
  • 短気になってしまう
  • 神経過敏となる
  • ヒステリックとなる
  • 自分勝手な振る舞いをする

この症状が行き過ぎると?

ぐっすり眠れない状況が続きストレス状況が続くと最悪のケースとしてはうつ病になってしまいます。これは睡眠の質が悪いという事に気付かないまま放置した結果なってしまうのです。現代は睡眠の質がどんどん下がっているので全ての人が気をつけるべき状況なのです。

ぐっすり眠るためには?運動習慣を作る事!

ぐっすりと眠るためにはトリプトファンの摂取と光が大事なのですが、1番重要な事は運動習慣を作る事なのです。

運動が必要な理由は?

良い睡眠をとるためには体の疲れが必要なのですが、現代人は運動不足な事もあり常に頭の疲れの方が大きくて睡眠を阻害してしまいます。こうなると体は疲れていないので眠くならず不眠状態となってしまいます。

分かりにくいとは思いますが、運動をする事で頭の疲れを体の疲れに変換する事が可能なのです。これこそがぐっすりと眠る為の根本的な解決策なのです。

まとめ

ぐっすり眠れない理由は主に体は疲れていない事に起因している事が多いのです。この理由は、現代人は頭を使う仕事が多く結果、頭は疲れているけれど体は疲れていないという状態でいる事が多く眠れないとい状況を作ってしますのです。

ぐっすり眠る為には、1日の活動で体が適度に疲労している事が重要でその為に必要な事が運動習慣となるのです。又、メラトニンを生成して分泌する事もぐっすり眠る為には重要なポイントとなり、その為に必要な栄養素であるトリプトファンをしっかりと摂取しメラトニン生成の為に太陽の光を浴びるという生活を心掛ける事が大事なのです

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ