前は気分変調症は抑うつ神経症と言ったの神経症て?心が疲れた症状!

気分変調症について調べると、何処にでも出てくる説明として「以前は、抑うつ神経症と言われた」とか「神経症性うつ病と呼ばれた事もあった」とか「ノイローゼ」等の記載があります。

この「神経症」とは何の事なのかと、疑問に感じた方も少なくないですよね?精神病の事なの?と感じた方も少なくないですよね?

神経症という言い方は少なくなっていますし、これからも聞かれる事がなくなっていくことになる言い方ですがまだ使われている事も事実です。今回はそんな「神経症」について調べました。

気分変調症はどんな病気?気分の晴れない日が続く!

「なんとなく憂鬱な気分だ」とか「気持ちが晴れなくて、何もしたくない」という事が朝から晩まで続き、この状態が2年くらい続きます。

「もう何もかも嫌で、消えていなくなってしまいたい」と感じていながらもなんとか毎日頑張って毎日の生活を過している方もいます。

けっして性格のせいで起きている事ではないのです。気分変調症という病気のせいなのです。その事に気づかず、治療が遅れうつ病を併発するケースが多くあります。

その原因には何がある?

気分変調症になる原因は人によりさまざまで、1つに決める事はなかなか出来ないのが現状にあります。そんな中でも大きな原因と考えられるものに、育った環境があります。常にストレスを感じやすい環境にいる時などがそうです。

その症状はどんなもの?

病院での診断では、診断基準を基に判断されます。専門の医師ではなく、患者さん本人が判断しやすいよく見られる症状を挙げてみました。

    <気分変調症でよく見られる症状とは>

  • なんとなく気持ちがすっきりとしない日が長く続く
  • 食欲が無い日が続いたり、急に過食になる
  • いつも疲れて何もする気がしない
  • 集中して考えられない
  • 自分は何をしてもだめだと感じる

神経症とはどんな病気?心が疲れて病気になってる!

神経症とは、心の病気の中でもわりと多く見られる事が出来てだれでも罹りやすい病気になります。10代後半から40代までに発症します。

神経症は、前はノイローゼと言われて精神病と同じに見られて誤解される事がありました。これは間違いです。神経症とは心の動きから来る事が原因になり、心が疲れて起こる心身の機能に障害を起している時の共通の言い方になります。

心が疲れて病気とは?

職場や家庭の中で、強いストレスを感じる事が多い時には心に大きな影響を与えるのです。そんな時には、神経症を発症しやすいです。

その原因には何がある?

神経症を発症させる原因も様々ありますが、大きな影響を与えている物の1つは性格があります。同じストレスを受けていても、発症しない人もいるのでストレスを自分の中に溜めやすい性格の人に多く見られます。

神経症はどんな症状があるの?症状はさまざまです!

神経症の症状は色々とありますがこれは、以前の言い方で、今は病名として使われる事は少なくなって来ました。その範囲がとても広く多くあるためです。

症状も多く動悸やめまいの時もあります。落ち込みや、死にたいという気持ちをもつ事もありますし何もする気が無くなる事もあります。

この他にも色々と多くの症状をまとめて神経症というために、とらえにくいものになっています。今では、症状に合わせて病名がつけられています。

症状は様々あるとは?

神経症の症状とは、とても多く広い範囲にあります。人により様々な症状があるので、今はもっと分かりやすい病名が使われていますがよく見られるものを挙げました。

    <よく見られる神経症の症状とは>

  • 不安神経症(不安障害)
  • 強迫神経症(強迫性障害)
  • 恐怖症(限局性恐怖症)

※カッコの中は新しい病名です。

治療はどのように?症状に合わせる必要がある!

神経症はとても広い範囲の中にくくられて症状も色々とあるので、治療方法もこの方法で行いますと1つに絞る事は出来ないのです。

人により症状に違いがあるので、細かな点では違うのです。その中で皆さんに共通して行なわれる方法として、精神治療を行ないながら薬物治療を行ないます。最近は、薬を使う事で高い効果が得られています

高い効果が得られる?

今は、神経症の治療には薬での対応されるケースが多くあります。その効果も確認されております。精神療法の効果も高く、再発防止としては薬よりも効果が高いです。

薬物治療の問題点とは?

薬の効果が高い事は認められているのですが、症状によっては効果が薄れてしまう時もあります。また、薬を止める事で再発するという事もあります。

病院の治療の他に出来る事は?日常生活の見直し!

治療の基本は病院での方法が1番になりますが、自分でも出来る事があります。それは、普段の生活を見治す事が1番の方法になります。

それは、原因ともなる生活環境を見直すことになるからです。今の現代社会では知らず知らずのうちに、不安が多くなる事が多く有ります。

難しい事をするのではなく、今の生活を振り返り簡単に出来る事を探してほんの少し自分の心の為体のために少し考えてみてください。

日常生活の見直しとは?

今の生活を振り返ると、食事が不規則で栄養のバランスが崩れていたり仕事の事を常に考えて家で寝るときにまで気になり寝不足になる事もあります。よく見られる注意点を挙げました。

    <よく見られる日常生活の注意点とは>

  • 夜遅くまで起きている、寝不足
  • 不規則な食事、栄養の偏り
  • アルコールの摂りすぎ

まとめ

今回は、気分変調症を調べた時に説明書きの中でよく見る神経症とは何なのか、症状は治療方法とはどんなものなのか調べました。

神経症は、心の病気でだれでも罹りやすい病気です。前は精神病と同じに見られ誤解される事もありましたが間違いで神経症は心が疲れて起こる心身の機能に障害を起してる時の共通の言い方です。

症状は色々とありますが、今は病名として使われる事は少なくなって来ました。その範囲がとても広く多くあるためです。今は、症状に合わせて病名がつけられてます。

神経症は症状も色々とあるので、治療方法も1つに絞る事は出来ないのです。その中で皆さんに共通の方法として、精神治療を行ないながら薬物治療を行ないます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ