気分変調症が治った!実際にはどういうことを言う?

近年、気分変調症を患う人は増加傾向にあります。気分変調症と診断された人は、長引く症状がさぞ辛いことでしょう。

多くの人が「調子が悪い状態から早く治りたい!」と願っています。今回は、気分変調症を患った人の言葉から快方のヒントになりそうな内容をまとめました。

ただし、これらは正解ではありません。ひとつの考え方として参考にし、自分に合ったものがあれば実践してみてください。

長引く気分変調症!乗り越えたい症状とは?

気分変調症は、かつて「抑うつ神経症」などと呼ばれていました。現在は「気分変調症」、「気分変調性障害」、「持続性抑うつ障害」などという病名で呼ばれます。

やや女性に多く発症し、長引くことが特徴です。主な症状は以下の通りです。

  • ほぼ1日中気分が落ちこんだ状態
  • 2年以上症状が続く
  • 不眠または過眠
  • 食欲不振または過多
  • その他集中力がない、自尊心の低下など

気分変調症の治療法は?自分に合った方法を!

医療機関で気分変調症と診断された場合、以下の治療法を行います。

薬物療法とは?

それぞれの症状に合わせて、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などが処方されます。薬が効かない場合は、種類を変えて様子を見ることもあります。

心理療法とは?

薬物療法と平行して、対人関係療法や認知療法などの心理療法を行うこともあります。個人の症状に合わせたプログラムで、専門家の指導を仰ぎながら進めます。

人によって異なる!「治った」という考え方は?

そもそも「治った」という状況はどのようなことを言うのでしょうか。

様々な考え方がありますが、気分変調症の場合は薬で無理に症状を抑えて「治った」としても、何かモヤモヤしたものが残ります。

気分変調症を患った経験のある人の意見としては以下のような内容があります。

  • 「治った」「治らない」のどちらかに判断しない
  • 「治った」ことばかりに執着しない
  • 「生活が楽になってきたらそれでよい」

「治った」「治らない」という考えにこだわらないこと、それを超えることが本当に「治った」と言える、という考え方です。

気分変調症を患う人へ!3つのキーワードとは?

治療を続ける上で、ポイントになる3つのキーワードを覚えておきましょう。

「完治する」とは

完治とは、文字通り「完全に治った」ということで、辞書にも「病気や怪我が完全に治ること」とあります。日常の生活に支障がないレベルに回復したことを表します。

「寛解する」とは

寛解(かんかい)とは医学用語で、辞書によると「完治ではないが、症状が穏やかに治まってくること」とあります。薬が効いて、気分が良くなってきた状況です。

このまま治る場合もありますが、再発することもあるので様子を見るという意味が含まれます。

「克服する」とは

克服とは、辞書によると「努力を積み重ねて困難を乗り越えること」とあります。

もちろん完治したことも含まれますが、症状がありながらも「自分はここまで頑張った、頑張っている」というスッキリした気分も克服に値します。

また、「完全に治ったとは言えないが、時々出てくる症状とうまく付き合っていこう」と考えることも克服に繋がります。

気分変調症を患う人へ!うまく付き合う方法は?

先の説明を踏まえて、長引く症状とうまく付き合っていくためのポイントを見てみましょう。

治療を続ける

信頼できる医療機関で、自分に合った適切な治療を受けましょう。自己判断で投薬や心理療法を止めたりせず、医師の指示に従うことが前提です。

疑問がある時には、遠慮なく質問してみましょう。納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを活用する勇気も必要です。

調子の悪い時は受け入れる

たいていの病気は調子の良い時と悪い時があります。「今は調子が悪い時期だ、いずれ良い時が来る」と切り替えて休息しましょう。

「なぜ治らないんだろう?」と考えてしまうと、さらに調子が悪くなってしまいます。

他人の言葉は気にしない

病気を正しく理解していない人、病気の経験がない人は時に心無い発言をすることがあります。言われた側は大変ショックを受けますが、気に止めないよう心がけましょう。

「そのようなことしか言えない心の狭い人」と思えるくらいになれたら占めたものです。

「治った」人の体験記を読もう!皆はどうしている?

現在では、インターネットでたくさんの情報が閲覧できます。「気分変調症が治った」という体験談も複数ありますので、参考までに読んでみることをおすすめします。

症状は個人差があるため必ずしも同じ軌跡をたどりませんが、気分変調症の患者同士として勇気付けられることでしょう。

経験者の話を参考に、焦らず自分のペースで治療を進めていってください。

まとめ

「気分変調症が治った」という内容について見てきましたがいかがでしたか。「治った」という考え方、治療における3つのキーワード、病気とうまく付き合う方法などを紹介しました。

「治った」「治らない」に囚われず、病気とうまく付き合っていくことを1つの考え方として心に留めておきましょう。気分変調症を患った人の経験談も参考にしてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ