産業医面談はうつ病に効く?産業医や産業面談について解説!

ストレスが多い現代社会では、2~3人に1人の割合でなんらかの精神的な不調を抱えています。特に、サラリーマンは長時間の労働や社内の人間関係や客先との関係維持など、様々なストレスを抱えてしまいがちです。

身体的な不調に加え、ストレスが慢性化してしまうことで、うつ病に発展してしまうケースもあります。

そういった社員の健康のために存在するのが、産業医です。しかし、産業医と関わったことなど一度もない、産業医がどういったものかよくわからないという人も多いです。そこで、産業医とは一体どういう存在なのかを紹介します。

産業医って何?社員の健康管理のために必要な存在!

産業医ってどういう人?

産業医とは、会社の労働者の健康管理を行う医師のことを言います。産業医は厚生労働省の労働安全性規則に基づいた存在です。労働衛生コンサルタントの試験に合格者や、厚生労働省が指定した研修の修了などの条件を満たすことで、蚕業医を名乗ることができます。

産業医は会社に必須?

産業医は会社の規模に応じて、配置人数が決められています。常時労働者が50人以上の場合は1人を選任することができ、常時労働者が100人以上の場合は常勤の産業医を必ず1名を配置しなければなりません。また、常時労働者が3,000人以上いる場合は2名の産業医が必要です。

さらに、危険物を取り扱っているなど構成労働者が指定した会社の場合、選任の産業医が必須となります。

産業医がすることって?様々な業務を行う産業医!

産業医の役割は、主に次のようなことがあげられます。

    <産業医の役割>

  • 社員の健康管理
  • 管理者への指導及び助言
  • 社員の個別相談
  • 作業環境の改善

社員の健康管理

産業医が第一として行うことは、社員の健康管理です。社員が健康に就業できるよう、健康面や精神面のサポートを行います。以前は健康面でのサポートを重視し、健康診断の結果と向き合うことが主な業務でしたが、

現在は就業環境におけるうつ病などの精神疾患が問題視されているため、ストレスチェックなどの精神面でのサポートに欠かせない存在となっています。

管理者への指導及び助言

管理者に対して、部下が健康に就業するにあたってどのようにすれば良いのかといった指導や助言を行います。指導及び助言は主にセミナーや研修、面談といった形で行われています。

就業者の個別相談

就業者の中でも、なかなか周囲に自分の状況や精神状態を話すことができないという人は多く存在します。そこで産業医が面談を行い、社員の置かれている状況や精神状態に関する相談を受け、助言をするという形でサポートします。

産業医には守秘義務があるため、その話が全て会社に届くわけではありませんが、改善が必要であると判断された場合は改善点などを会社に指導します。

作業環境の改善

就業者が快適に仕事を進められるよう、職場環境を整えることも産業医の役割の1つです。そのため、月に一度は職場の巡視を行うことを義務付けられているほか、衛生委員会への出席を求められます。

産業医面談はどういう人にするの?うつ病患者のほかにもいる!

産業医面談は、面談をすることでうつ病を患っている就業者のケアを行うこともあります。しかし、うつ病患者のほかにも、環境に不慣れな新入社員や時間外労働が多い人の精神状態や健康状態のケアを行うこともあります。

また、希望すれば産業医面談をすることは可能ですので、少しでも気になることがあれば産業医面談を希望するのも良いと言えます。

産業医面談のメリットは?主なものは2つある!

蚕業面談のメリットは、主に2つあります。

①話すことで楽になる

社員の中には、社員同士では深い話をできないという人も存在します。そこで、産業医が面談をすることで、普段なかなか話せないような自分の感情や精神状態について話すことができ、結果的に気持ちが落ち着く効果があります。

実際に産業医面談を受けた人からも、「気持ちが楽になった」という声が多くあがっています。誰にも胸の内を話すことができなくて苦しい思いをしているという人は、産業医を頼ってみるのも一つの手です。

②自分の疑問に答えてもらえる

うつ病やほかの病気で止むを得ず就業することが不可能になった場合、今後仕事をするためにはどのようにすれば良いかと悩んでいる人も少なくありません。そういった悩みを抱えている人は、相談医に頼るのも良い方法です。

「自分は休職するべきなのか?」「今後休職したらどのようにすれば良いのか?」といった疑問も、産業医は丁寧に解説してくれます。

近年では特に、うつ病といったメンタルヘルスに詳しい産業医が多く存在しています。うつ病や精神疾患を抱えている人は、今後について産業医に相談してみると安心することができます。

産業医面談の注意事項って?治療医と産業医の違い!

うつ病を抱えている人の中には、精神科もしくは心療内科に通院している人も多く存在しています。そこで、精神科や心療内科にいる治療医と産業医の違いについて解説します。

治療医とは何をする人なの?

治療医はうつ病患者の利益を優先にしている医師を指します。治療医の目的は、あくまでうつ病患者が健康的に日常生活を送ることができるようになることであり、そこに会社の利益に対する考えはありません。

産業医と治療医の違いは?

産業医はあくまで、就業者が健康的に業務を遂行できるよう配置されている医師です。うつ病患者の利益と言うよりも、就業者の利益と会社の利益を尊重します。言うなれば、就業者と会社の架け橋的な役割を担っているのが産業医となります。

産業医面談はうつ病に効くの?相談するだけでも違う!

産業医という職業や、産業医面談についてのメリット、産業医面談をする際の注意点を紹介しました。産業医は就業者の味方となるべき存在です。ですので、うつ病を患っているという就業者に対して非常に親身になってくれます。

就業しながらうつ病と闘うことは非常に困難です。産業医は直接的な治療はできませんが、カウンセラー的な役割を持っているので、助言や指導などを行うことはできます。

産業医面談を活用することで、うつ病の不安感や落ち込みと上手く付き合っていくことも一つの道です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ