納豆が吉!うつ病の改善に効果のあるビタミン療法って何?

最近、ひそかに増加している病気の1つにうつ病があります。

自殺率の高い日本にあってうつ病は珍しい病気ではなく、誰でもなりうる可能性があります。

多くの人がうつ病を心の病気と勘違いしていますが、実はうつ病は、脳の病気なのです。

うつと脳内作用の関係性

しかしながら、うつと脳内の作用のはっきりとした関係性は、今でも研究段階にあり詳しい因果関係は分かっていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが深く関わっているということははっきりしており、セロトニンのバランスが崩れるとうつ状態になることが分かっています。

このセロトニンを生成するのに有効なのが、タンパク質を多く含む大豆や肉、魚などを食べることです。

そして、そのタンパク質をセロトニンに変えるのがビタミンB群です。このようなことから現在うつの治療法の1つとしてビタミン療法が注目されています。

うつのビタミン療法とは基本的に食事内容の改善にあります。

何をすればいいの?

まず、血糖をコントロールするために、大豆を中心としたヘルシーで良質なタンパク質が摂取できる食品に切り替えます。納豆などは大豆製品であり、発酵食品でもあるのでおすすめです。

それと同時に葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12を豊富に含む食品を摂取すします。これらビタミンB群には気分を安定させ、神経システムを健康的に保つ役割があります。

ビタミンB群多く含む食品としてはレバー、モロヘイヤ、春菊、ほうれん草、アスパラガス、グリーンピース、ブロッコリ、アボカド、ピーナッツ、オレンジ、ビール酵母、豆、ナッツ、トマト、バナナ、小麦胚芽、オーツ麦、胚芽米、じゃがいも、肉、魚などに含まれます。

ビタミン療法とは、このようにバランスの取れた食事の摂取ということが言えます。

また、ソーセージなどの加工肉や砂糖を多く含んだドリンク類、冷凍食品やスナック類を日常的に食べる人はうつになりやすい傾向があるというデータもあります。バランスの取れたビタミン療法の食事内容はうつの予防効果だけでなく健康的な食事としておすすめします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ