わかっているけどやめられない病気!強迫性障害の5つの特徴

頭では分かっている。でも、その行為を止めようとすると何故だか分からないけど苦しくて止められない。強迫性障害の人によくある状況です。まさに「分かっているけど、止められない」その一言がぴったりだと言えるでしょう。

だからと言って「分かっているなら止めれば良いのに」「そんなの甘えてるだけじゃない?」そんな何気ない一言は、強迫性障害の人の心をズタズタに傷つけてしまいます。

分かっているけど、止められない病気が決して意志が弱いからでも、考えが甘いからでもないという事を理解してもらうために強迫性障害によく見られる5つの特徴について、まとめて行きます。

この違いって何ですか?強迫観念と強迫行為

強迫性障害の症状に必ずあるのが、この強迫観念と強迫行為です。文字から想像するだけでも、強迫されるような観念と行為という違いなのかな?という程度の理解は得られるかとは思います。

強迫観念について

そもそも、私たち誰もが、この前段階のものは持っていると言えます。考えたって仕方がないんだけど。と思いながらも、悶々と頭の中を回り続けて離れない悩み事であったり、失敗するのが怖くて数日前から準備に準備を重ねたけど、完璧に遂行できる自信がなくて落ち着かない。

でも、強迫性障害を持たない健康な人であれば、最初は悶々と悩み続けていた事も日にちが経てば少しずつ小さく軽くなり「やっぱり考えても仕方がない」と普段の生活に戻ったり、失敗を恐れていた事が当日になり多少の失敗はあったとしても無事に終える事が出来れば落ち着いた。という風になっていきます。

ところが、強迫観念は、どうにもならない悩み事や過ぎ去ってしまった過去の失敗、いわゆる考えたって仕方がない事に囚われてしまいます。考えても仕方がない。無駄な事なんだ。そう思ったり感じているにも関わらず、その考えは湧いてきます。

そして、小さく軽くなるどころか、振り払おう、忘れようと意識すればするほど、日に日に大きく重く心を押し潰しそうなくらい膨らみ続ける為、自分の考えに自分を潰されそうな恐怖や苦しさを感じるようになります。

強迫行為について

そして、恐怖や苦しさなどの心の苦痛を取り除くために、強迫観念が事実ではない事を確認したり、否定したりする為の行為が始まります。

例えば、何かをした事で自分の手に強力な菌がついてしまったかもしれない。という疑念が突然湧いたとします。それが強迫観念として、その人を苦しめ始めます。その苦痛を取り除くために、手を洗えば良い。という事になります。手を洗ってみると、何となくスッキリしたような気がします。

これで強迫観念に囚われ強迫行為を行なった。という一連の流れが完結します。ところが、強迫観念を和らげる為の強迫行為は、次の強迫観念につながる為の強化行動でもあります。ですから、一連の流れが完結して終われるのは健康な人で、強迫性障害の人は、完結した事により更に大きく強い不安が湧いてきます。

果てしなく続く症状!2つのタイプ別に紹介

もしも、強迫観念と強迫行為が交互に襲ってきたらどうなるでしょう。1つの考え方は、こんな馬鹿げたこと、誰にも知られずに、何とか自分の中で完結させたいと思うかもしれません。もう1つの考え方は、何としてでもこの苦しみから逃れたい。誰かに安心させてもらいたい。と思うかもしれません。

自己完結タイプ

強迫観念が苦しくて何とかしたい。と思った時に、周囲の人の理解が得られない状況だと最初から判断できるような環境であれば、間違いなくこちらのタイプとしての症状が出てくるでしょう。また、何として欲しいと誰かに相談してみたところで、安心感は得られなかった。

そんな経験をした事で自己完結に戻る人もいるでしょう。他からの支援を求めずに、とにかく徹底的に自分が納得するまで、強迫観念と強迫行為を繰り返してしまうため、引きこもって強迫症状に浸ってしまう危険があります。

周囲巻き込みタイプ

そして、自己完結が絶対に無理だったり、誰かに何かをしてもらった事で楽になったと思った経験が周囲を巻き込んでしまうタイプとなって症状が現れます。自己完結タイプの人が、内へ内へと向かうのに対して、こちらのタイプは安心が欲しくて外へ外へと向かってしまいます。

家族や周辺の人たちに自分の強迫観念を和らげる為の強迫行為を強要します。最初は訳のわからない事に巻き込まれるのはごめんだと断っていても、断るたびに怒ったり、騒いだりされると、だんだんと面倒になってきて合わせてあげる。という事になってしまいがちです。

ところが、これで強迫症状の一連の流れが完結し強化される為、更に要求がどんどんエスカレートしていく為、家族や周囲は振り回されっぱなしで疲弊するという結果を招いてしまうでしょう。

一見タダの変わり者!でも放置すると危険!

個性的な人、風変わりな人、こだわっている人。足並みが揃えられない人を無下に差別するような事は出来ないと、良い方向に認識してあげようとするのは、優しさで良い事です。しかし、その優しさが強迫性障害の症状をどんどん悪化させていく事になるかもしれないのです。

性格と病気の境界

最初にも書きましたが、誰にでも強迫観念に近い思考を抱く事はあります。ただ、それに囚われるか囚われないか?という事が決定的な違いだと言っても過言ではありません。ここを越えると強迫観念かも知れないという境界線をリストにしました。

    <強迫観念か?否か5つの境界線>

  • 仕事や学校よりも気になる事を確認する事が優先してしまうか否か?
  • 親や友人との関係よりも自分が一度決めた事を実行しないと気が済まないか否か?
  • 自分の体に影響があるかも知れないと思ったら、しなければいけないも出来なくなるか否か?
  • 何度も同じ事を聞いて嫌われそうだと思っていても、安心のためには仕方がないと思うか否か?
  • 制限時間があっても、繰り返し確認してしまい時間が足りない事が良くあるか否か?

全ての境界線で否と答えられなければ、もしかしたら強迫性障害の危険性があるかも知れません。

重症化するとこうなる

周囲の人たちの間違った温かい見守りで、強迫性障害が悪化し重症化してしまうとどうなるのでしょうか?偶然、回復するのにふさわしい環境が整っていた。という状況がない限り自然に回復する事は少なく、どんどん悪化していく危険が比較的高いと言えます。

最初の頃は何度も確認してしまう。など強迫症状が一つだけだったのが、あれも気になる、これも気になる。と増えていったり、自分の事だけでなく誰かの言動や行動に囚われて、強迫行為を他人にも強要したりするようになる事も珍しくありません。

更に囚われている時間帯も長くなっていき、眠っている時間以外は何か気になる事に囚われ、強迫行為に耽ってしまったり、もっとひどくなると、強迫観念のせいで眠る事も困難になり生活や人生の全てを強迫症状に奪われてしまう事もあり得ます。

これが負のサイクル!強迫症状が出現するまで

強迫症状は、もちろん強迫観念に囚われている状態だけの事も指しますが、強迫観念に基づいた強迫行為という一連の流れを完結させる事でより強化されていきます。

不合理な思考回路

「お腹が空いた」と感じた時に「〇〇を食べよう」と行動する事は合理的な思考回路です。ところが、強迫性障害の人たちの思考回路は「お腹が空いた」と感じて「〇〇を食べよう」と行動するまでに余計な指令や情報がたくさん出ます。

食べようと思っている〇〇が目の前にあったとしても「〇〇を食べるなら、その〇〇を食べる前に別の〇〇を買って来なければいけない」や「〇〇を食べる事で病気になるかも知れない」など理不尽な指示や情報が突然頭を過るのです。

もちろん普通の人でも「今食べたら太るかも?」「もうすぐ夕飯だから、今は食べない方がいいかも?」など惑わせるような指示や情報が思い浮かぶ事はありますが、理不尽で不合理な指令や情報である事は少なく、思い浮かんでも「ま、いっか」と無視して行動する事に何の問題もありません。

思考回路に沿った行動

普通は、理不尽な指令や不合理な指令に従うなんてできないはずです。理不尽や不合理である事が自分に不利益をもたらすと分かっているから従わないのです。しかし、強迫性障害の場合は、その指令が理不尽だ不合理だと分かっていながらも従ってしまいます。

その指示に従った行動を取ってしまった事で安心するかも知れませんし、更に不安になるかも知れません。不安になれば、安心するまで行動は繰り返されるでしょうし、安心したとしても、再び指示が出た場合に同じ行動を繰り返すでしょう。どちらにしても自分にとっては不利益な行動です。

不利益な行動は、次の強迫観念に繋がるための序章でもあります。次から次へと鼠算式に強迫観念は膨らんでいき、身動きが取れなくなってしまう事も珍しくありません。

強迫症状の原因の正体!侵入思考にご用心

侵入思考というのは、その文字が表す通り、侵入して来る思考というイメージをしてもらえると分かりやすいでしょう。思いもよらない事、考えたくもないような内容、自分がそんなことを考えているとは信じがたいといった内容の事が多いと言われています。

健康な人にも多発?

実は、強迫性障害の人だけに起きる事ではありません。もちろん、他の誰かが仕組んで引き起こした事でもありません。自分自身の脳が引き起こしているのですが、何らかの刺激やストレスで本来の順調な働きではなく誤作動してしまった。とか少し暴走してしまった。という時に起こります。

健康な人は、変な事を考えてしまった。おかしな事を思いつくものだ。と相手にしなかったり、すぐに忘れてしまいます。ですが、強迫性障害の人は、その変な事や、おかしな事に囚われてしまうのです。

侵入思考に囚われた結果

侵入思考は強迫観念に繋がります。そして、その先の最悪の結末を何とか防ぎたいと打ち消すための行動に移ります。それを行う事が何の意味も持たないと分かっていても行動してしまいます。本来の自分の冷静な判断よりも、強迫観念の力が強いからだと言えます。

強迫性障害の人の侵入思考は、健康な人のものよりも強大で抗い難いものであるという事もありますが、文字通り自分以外の誰かに強要されているかのような感覚で、強迫行為に勤しんでしまいます。

まとめ

頭では分かっているけど、やめられない事というものは、多少の差はあっても、誰にでもあるものです。何かに囚われたり、こだわったりする機能が適度に働いている方が健康というものです。自分には囚われたり、こだわったりする事が何もない。という人の方が、脳の機能に何か問題が生じているのかも知れません。

ですが、強迫性障害のように囚われている思考が生活のほとんど全てだ。という状態は、日常生活を送る事も困難になり、重症化してしまうと、食べる、眠る、排泄するなどの基本的な欲求さえも無視しなくてはいけないという状況に追い込まれ、体の健康さえも害してしまう危険性があります。

変わり者だ。で終わり放置するのではなく、一度専門の病院に相談してみる事が大切です。日常生活を脅かす部分が大きくなればなるほど、回復までの道のりも遠く険しいものになっていくからです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ