こんな症状はありませんか?適応障害でみられる独特の症状とは?

適応障害という言葉がクローズアップされ始めたのは、現皇太子妃である雅子様が適応障害であることが発表されてからです。当時も「怠け病」や「わがまま病」などと、一部からバッシングを受けたことを記憶されている方もおられるでしょう。

適応障害とは、このように誤解を受けやすい疾患であるのが特徴です。というのも、適応障害には他の精神疾患とは異なる独特な症状の現れ方があるためです。適応障害の特徴的な症状を解説します。

適応障害とはどのような疾患?その定義とは?

適応障害とは精神疾患のひとつです。症状はうつ病と似ている点が多くありますが、大きく異なる点があります。適応障害の定義を確認してみましょう。

適応障害の定義とは?

適応障害とは、ストレスから引き起こされる情緒面や行動面の症状で社会機能が著しく障害されている状態のことを指しています。つまり、特定のストレスが原因となって、日常生活を送ることが困難になってしまっている場合が適応障害です。

適応障害の診断基準

適応障害の症状自体は、うつ病と酷似していますが、適応障害と診断されるには明確な基準があります。どのような状態だと適応障害と診断されるのでしょうか?

  • 特定の環境でのみ症状が現れる
  • ストレス要因が発生してから1か月以内に症状が現れ始める
  • ストレス要因から一時的に離れると症状が治まる
  • ストレス要因が終結してから6か月以上症状が継続することがない

適応障害には明確な原因がある

診断基準を見るとわかる通り、適応障害には明確な原因があります。それは職場や学校、家庭などといった限定された場所で見られるストレスです。

ストレスの原因が限定されており、その環境から一時的にでも離れることで症状が出現しなくなるというのが他の精神疾患とは異なる特徴です。

どんな症状が現れる?適応障害特有の症状を解説!

適応障害では非常に特徴的な症状を呈します。他の精神疾患と似通っている部分もありますが、適応障害ではどのような症状がみられるのかを紹介します。

ストレス下で現れる症状

適応障害では、ストレス環境下に置かれると次のような症状が現れます。

  • 眠れない
  • 朝起きられない
  • 食事がとれない
  • 集中力がなくなる
  • 憂鬱でやる気が出ない
  • 不安感や緊張感がある
  • 頭痛や吐き気、腹痛、めまいなどの身体的な症状が現れる
  • 自傷行為や多量の飲酒、過食やギャンブルなどの問題行動が現れる

ストレスから離れると症状は治まる!適応障害は誤解されやすい!

適応障害には周囲から誤解されやすい厄介な側面があります。それは、周囲から見ると「辛いことから逃げているだけ」のように映ってしまうことです。

○○だけが辛い

職場の人間関係や家庭など、特定のストレスに接している状態の時だけに症状が現れます。原因となるストレス下に置かれている場合以外には症状がみられなくなるのが大きな特徴です。

○○から離れると元気

適応障害は特定のストレス環境が引き起こす症状です。ですから、休日や外出先などといった原因となるストレスから離れた環境では「普通の人」と何ら変わりません。適応障害が「甘え」「怠け」などとみなされてしまう原因はここにあります。

本人はどう感じている?自己嫌悪と充実感の間で揺れる心!

さて、適応障害を発症している当人の心のなかを覗いてみることにしましょう。他者からは誤解されてしまいがちな適応障害。本人の気持ちを知ることが適応障害を理解する上で非常に重要なのです。

逃げたい

ストレスに直面した本人の心のなかには「逃げたい」の一心しかありません。ストレスに対処したり解決したりする方法を模索するような心の余裕はどこにもないのです。

考えることはただひとつ。どうやったらストレス要因から離れられるか、それだけです。それほどまでに追い込まれてしまうのが適応障害なのです。

一時的な安堵感

ストレス要因から一時的に離れることに成功した瞬間からは、安堵感と解放感に包まれます。頭の片隅では問題を先送りしているだけだとわかっていても、とりあえず逃げられたことで問題が解決された感じがするからです。

直前まで感じていた不安や憂鬱はどこかへ吹き飛び、一気に活動性を取り戻すことになります。

後に襲ってくる自己嫌悪

しかし、その安堵感はいつまでも続くことはありません。なぜなら、ストレス要因自体は何一つ解決されていないからです。再びストレス要因のことを考え出すと、とたんに優鬱な状態に逆戻りしてしまいます。

甘えなのかという疑心暗鬼

明確に自覚しているか否かは別にして、本人もストレス要因を回避することには意味がないことを知っています。問題の根本原因に対して向き合うことができない自分に対して「やはり自分は甘えているのか」と疑心暗鬼に陥ります。

うつ病との明確な違いは?長期化すると危険!

見かけ上の症状はうつ病と酷似しているのが適応障害です。しかし両者には決定的な違いがあります。とはいえ、別の病気だからといって適応障害を放置するのは大変危険です。その理由はどこにあるのでしょうか?

うつ病と適応障害の違い

うつ病と適応障害の違い、それは発症の原因が明確であることにあります。うつ病の場合、日常生活のうち、ほとんど一日中症状がみられます。一方、適応障害ではストレス要因にさらされたときのみに症状が現れ、ストレス要因から離れると症状が治まります。

この点が、うつ病と適応障害を分ける大きな基準となります。

慢性化するとうつ病へ移行することも

適応障害のストレスが解決されないまま長期間継続した場合、それを原因としてうつ病に移行してしまうケースも珍しくありません。適応障害は予後が良好なことが特徴ですが、うつ病になってしまってはそうはいきません。

怠けや甘えではない!本人は非常に辛い!

他者から見ると「怠け」や「甘え」と受け取られがちな適応障害。しかし、本人は非常に苦しんでいます。症状が出現していなくとも、「楽しめる自分」に対する負い目は常に感じているのですから。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ