自律神経失調症は何かを受診する?主なものは4つ!

「自律神経失調症」という病気の判断は、非常に難しいものです。症状が多岐にわたるため、何科を受診したら良いのかわからない、と考えている人が数多くいます。

「自律神経失調症」は、内科的な症状から外科的な症状まであり、それらの症状が同時に発症することも決して少なくはありません。同時に症状が見られるとどうしたら良いかわからないと思う人もいますが、自律神経失調症の症状は基本的に対症療法になっていくため、気になった部分を1つ1つ解消していくことが、症状を緩和させる最短の道です。

そこで、自律神経失調症の代表的な症状とともに、受診するべき科を解説していきます。

どの症状でどの科に行くべき?4つの系統に分かれている!

自律神経失調症の場合に受診するべき科は、大まかに下記の4つになります。

    <自律神経失調症で受診するべき科>

  • 内科
  • 整形外科
  • 精神科
  • 心療内科

これらの中から、症状に合わせて受診することが大切になります。

内科系統はどんなものがある?主なものは3つ!

一口に内科系統と言っても、内科の中でも様々な科に分かれています。具体的な症状とともに、受診するべき科を紹介します。

循環器科

血圧が高い、動悸が激しいなどといった症状が気になる場合は、循環器科を受診することをおすすめします。循環器科では血圧の経過を確認したり、心電図をとったりするなどして、心臓に異常があるかどうかを調べます。

消化器科

食欲がなくなる、下痢と便秘を繰り返す、吐き気や胃もたれが続くなど胃腸症状が見られる場合は、消化器科を受診することをおすすめします。血液検査や内視鏡検査、腹部のエコー検査で、胃腸の状態を確認します。

総合内科

上記2つの症状に当てはまらない内科症状の場合は、総合内科を受診するのがおすすめです。例えば、だるくて動けない、微熱が続く、頭が重いといった部類の症状を抱えている場合は循環器科や消化器科は該当しないので、総合内科を受診します。

整形外科はどのような場所に行けば良い?凝りや痺れに注意!

肩こりや、肩こりから発生する頭痛、手足のしびれが見られる場合は整形外科で一度見てもらうのがベストです。

整形外科ではどのようなことがしてもらえるの?

姿勢の悪さや体の歪みなど、思わぬ部分が関係している場合もありますので、そのようなものがないか徹底的にチェックしてもらうことができます。もしそこで原因が見つからない場合は、自律神経失調症からくる症状である可能性が高いと言えます。

他の症状の場合はどこで見てもらえばいい?よく出る不調を紹介!

自律神経失調症では、実に様々な不調が出ます。前述した内科系統のものや外科系統のほかに出る症状も、自律神経の乱れが原因のものがありますので、いくつか紹介します。

耳鼻科系統

めまいがする、喉が詰まるといった症状が出る場合には、耳鼻科を受診します。聴力検査などを行うことで異常の有無を確認することができたり、薬を処方してもらえたりします。

泌尿器科

尿が出にくい、頻尿といった症状も自律神経が関係しているケースがあります。まずは専門機関を受診し、病気がないか調べてもらい、病気がない場合は症状を緩和するよう対応してもらいます。

精神科や心療内科が必要なケースは?ポイントはストレス!

自律神経失調症の場合は、辛い箇所を緩和していく対症療法が基本となります。しかしなんの病気も認められない場合、「ストレスでしょうから、リラックスしてください。症状自体はこちらでなんとかします」と言われてしまうことも多いものです。

自分自身でストレス発散方法を身につけている人は良いですが、自分ではなかなかストレスが発散できないという人や、「そもそもストレスの原因がわからない…」という人は、精神科や心療内科を受診してみることを検討することをおすすめします。

精神科はどういうところ?

精神科は、簡単に言ってしまえば「気分の落ち込み」が先行して出てくる症状を扱っています。精神疾患は、慢性的なストレスなどに晒されることによって脳の働きにトラブルが生じてしまうことで起きる病気です。その脳の働きを整えるために存在しているのが精神科です。気分の落ち込みが出ている場合は、精神科に相談してみましょう。

心療内科はどういうところ?

心療内科は、ストレスによって身体的な不調が出てくる心身症をメインに扱います。あらゆる不調が出ているのに原因がいまいちよくわからない、という場合は、心療内科に相談してみるのも一つの手であると言えます。

行くべき病院はどう見分ける?症状をしっかり自覚することが大切!

自律神経失調症の場合は、何かに行けば良いのか、よく見られる症状と併せて紹介しました。

自律神経失調症に特効薬はなく、対症療法が自律神経失調症の治療のメインになります。よって、自分が今1番何を辛いと思っているのかを自覚することが大切です。辛い部分に合わせた病院選びをすることで、症状を大幅に軽減することが可能になります。
また、まずはその症状が病気由来のものでないかを確認することも重要です。異常がないことを認められて、初めて対症療法へと移行します。日頃から自分の体や症状と向き合い、辛くなったらすぐ対応できるよう心がけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ