焦りは絶対に禁物?うつ病を克服する3つのポイント!

会社の人間関係や、仕事の忙しさが常軌を逸して、うつ病を経験してしまうことがあります。しかし、仕事への責任感から焦りを感じてしまったり、復帰を焦ることがあります。うつ病は、心のエネルギー切れであり、焦ることで余計に心を消耗させてしまいます

今回は、焦らず療養していくために、克服のための3つのポイントを解説します。

うつ病は再発する?焦りが禁物な理由

うつ病は、心の風邪と言われています。しかし、専門家によっては、「心の肺炎」といわれるほど重い症状を呈します。眠れない、体が重い、何もする気が起きない、など、気持ちの面の症状なので、気の持ちようだ、などといったような精神論で何とかしようとする人もいます。

しかし、うつ病は明確に病気であり、精神論で焦って仕事に復帰などすれば、再発の危険はとても大きいものです。気持ちの面の病気であるために、再発したときに「自分はダメな人間だ」などと思い込み、自殺に至るケースもあるのです。

そんなに辛い?うつ病はそもそもどんな病気?

うつ病は、責任感の強い人がなる病気だとされています。それ以外にも、性格の偏りから人間関係などに問題を抱えて、それが原因でうつ病になる人もいます。うつ病の症状は大きく分けると身体症状と精神的な症状があります。それぞれを以下に記します。

身体的な症状

  • 体の重さ・だるさ
  • 睡眠障害
  • 疲れやすさ
  • 食欲の増進・減退

精神的な症状

  • 憂鬱
  • 興味などの減退
  • 思考力・集中力の減退
  • 自殺念慮

身体的な症状の解説

うつ病の身体的な症状として、体のだるさや、重さ、などがあります。心がエネルギー切れを起こしているのであり、そのためにこういった症状が起こります。また、疲れやすいのも特徴で、気力が減退しているのを現しています。食欲が増進したり、減退したりといった症状も起こります。

睡眠障害

そして、眠れなくなることも1つの症状です。朝早く目覚めてしまう人がいる一方で、ずっと日中も眠っている人もいます。ずっと眠っている人は、心がエネルギー切れを起こしているために、それを補充していると考えられます。

精神的な症状の解説

精神的な症状として、憂鬱な気分になります。そのため、いろいろなものに対しての興味が薄れてしまいます。いつも新聞を読んでいる人が、まったく新聞に興味を示さなくなったりします。思考力や注意力も低下して、単純なミスをしてしまうといったことが起こります。

自殺念慮

精神的な症状の1つとして、自殺したいと思うことがあります。うつ病の特徴として、自分のことを責めてしまうということがあります。そのことが、自分の自己肯定感をを下げ、「自分は存在価値がない」と思い込んでしまうのです。

なぜ焦ってはいけない?うつ病の心の中

「自分には存在価値がない」と思ってしまうのが、うつ病の心の中です。焦ることによって、より、その思いを強くしてしてしまいます。うつ病の症状によって、思考力や注意力がなくなる中で、仕事などでミスも増えます。それによって、自分のことをより、「ダメな人間だ」と思ってしまうからです。

自己肯定感をより下げてしまう

うつ病によって、脳を含めた体の活動状態が大きく下がってしまっています。そういった状態で何かしようとしても、うまくいくはずがありません。うまくいったとしても、一過性のものです。失敗が多くなることで、自己肯定感をより下げてしまうことが大きな問題なのです。

無意識からのメッセージ!うつ病になったわけ!

うつ病になったのは、「こんな生活を続けていては、自分がダメになってしまう」という、無意識の心からのメッセージです。人間関係で傷ついてしまう、仕事が残業だらけで辛すぎるなど、どんなに頑張っても、無意識ではどこまでが限界なのかわかっているのです。そのために体が、うつ病を発症させてしまいます。

解説します!うつ病を治す3つのポイント!

うつ病を治すポイントは以下の3つです。ちなみに、うつ病は治るという表現を使いません。「寛解」という言葉を使います。うつ病などは、再発を繰り返すことがあるためです。

  • ゆっくり休む
  • 自責感情の改善
  • ストレス解消の仕方を覚える

ゆっくり休む

うつ病を治す1番の方法は、ゆっくり休むということに尽きます。そもそもうつ病は、心のエネルギー切れです。エネルギーを蓄えるために、よく寝る、よく食べるができれば、もう半分治ったようなものです。難しいかもしれませんが、仕事のことなどは忘れて、とにかく何も考えないようにすることが大事です。

自責感情の改善

とにかくうつ病になる人は、自責感情が強いものです。自分をただ責めるのではなく、ミスをしたのは疲れて集中力が下がっていたので、休憩や休みを取るべきだったなど、具体的にどう改善すればいいのかを考えることで、自責感情が強くなることを防ぎます。

ストレス解消法を覚える

あとはとにかく、ストレス解消法を覚えることです。ストレス解消には、何か没頭できるものがあるのが1番です。まだ、うつ病の症状が弱まってきたら、本の内容を紙にそのまま書き写すなど、作業的なものをするのがお勧めです。

まとめ

うつ病に焦りは厳禁です。焦ることによって、寛解までの時間がかかるようになりますし、焦って仕事に復帰してしまうと、仕事が容易にできる状態ではないので、ミスをしたりして自己肯定感を傷つけてしまいます。

とにかくゆっくり休むことが第一で、「自分の人生に休みが必要だからうつ病になったんだ」と思ってよく寝て、よく食べてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ