会社のストレスが原因で不眠からうつ病に!休職して復職するまで 男性 33歳 S.S.さん

私は38歳の時に会社でのストレスからうつ病を発症しました。症状は不眠からくる体のだるさややる気の減衰です。

病気かなと感じたのは、これまで何事にも楽しめていたことが全く楽しくなってきて、そのうちに外に出ることも楽しくないので面倒に感じるようになったからです。

家の中で、楽しいと感じないのにテレビを見たり、インターネットをしたりして時間をつぶしているという日々を送っていました。

テレビでうつ病の症状を見て

そんな時に、テレビのCMでうつ病の色々な症状について放送されていたのを見て、自分に当てはまる事柄が多かったので、一度病院で診察を受けてみることにしました。

そして、出てきた診察の結果がうつ病でした。私の場合に有効な治療として上げられたのが、睡眠薬を使ってしっかりと睡眠をとることで脳と体を休めることでした。

原因はやはり会社でのストレスにあるようで、そのストレスが原因で常に頭がオンの状態になり、睡眠中もオフにならずに不眠になっているということでした。そして、心身ともに睡眠によって回復していない状態で次の日を迎えるという連続のために病気になってしまったのです。

治療を始めて

その原因である睡眠をしっかりとるということでスタートしました。

しかし、この治療では簡単には治る訳もありません。時間をかける必要がありました。しかも、その長い時間の中には心の浮き沈みも大きくある訳です。

時には、自分が必要のない人間と考えてしまう時もありました。そんなどん底まで一度沈んでからはようやく回復してきたような気がします。

今までなかった物欲も出てきて、欲しいものを買うために仕事を頑張ろうと前向きになることもできてきました。

しかし、私の場合ここまで来るのに9か月もかかってしまいました。本当に長いと感じました。しかも、一度半年ぐらいで前向きになったと感じて仕事に復帰したのですが、復帰した途端、また同じ症状がでてきてしまい休職するということも経験しました。

うつ病は心の病ですので、簡単には治らないということを身をもって体験しました。また、そのことがあったせいで今の自分が治っているのかわからない状態で、仕事復帰しております。

症状が出ていないのが幸いですが。それでもやはり怖いので現在でも睡眠薬は手放せいない状態です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ