うつ改善に効果的なのは「何かに夢中になること」! 女性 33歳 M.S.さん

同じパートの人がうつでした。普段接している段階ではうつとは気がつきません。

たまたまスタッフルームに落ちていた薬に心療内科の病院の名前と、本人の名前が記載されていて、うつで治療をしている事を打ち明けてくれました。

リストカットの跡も

言われてみると、話をしている最中は普通ですが、1人になると「ボー」としていて、注意散漫になり、頻繁に大きな失敗をして上司にしかられていました。

夜中に何度も目が覚めるらしく、目の下のクマがひどいものでした。腕に無数にある模様が、太った事による肉割れだと思っていましたが、リストカットの傷だという事が分かりました。

何か職場で問題を起こすたびに、不眠になり、考えているうちにリストカットをしてしまうようでした。

うつについて調べると

せっかく同じ職場で働いているのだから、少しでも力になりたいと思い、うつの事を調べました。「頑張って。」と言ってはいけない事や、怒ったり、うつを簡単に考える発言をしてはいけないと知りました。

その人はダイエットをしていて、あまり食事を取らないのに太っているのは、うつの薬の副作用である事も知りました。

できるだけ話を聞いて、同調するように心がけました。絶対に否定はしないようにしました。その人がうつであることを知らない上司は、失敗した事を怒り、怒った後頑張ろうと励ましていました。

他のスタッフもうつの事を知らず、慰めていました。決まって翌日、腕に絆創膏を貼り、昨日リストカットをしたんだなとすぐに分かりました。

気をつけながら接していましたが、うつがひどくなり、仕事を辞めてしまいました。数カ月経過して、心配になり連絡してみると、習い事でボクシングを始め、夢中になっていると聞いて安心しました。

夢中なことを見つけると

直接会った際も、以前と違い、顔に表情が出て明るくなったように感じました。無心で体を動かして汗をかく事で、夜は疲れていて考える間もなく眠ってしまうそうです。

ボクシングを始めるまでは、常にだるく、なにもしたくないそうでしたが、今はそう感じないそうです。その人は夢中になる事を見つけた事によってうつの症状が改善されたと思います。

何か夢中になれる事を見つけるのが大事だと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ