うつ病で不眠になる理由と解消方法は大豆を食べる

うつ病の重大な症状の一つが不眠です。不眠は社会生活に支障をきたすだけでなく、体を夜の間に十分に休めることができないため体調不良の原因になります。

人間は睡眠時にメラトニンという睡眠ホルモンを体内に分泌することで、体を眠りの状態にもっていきます。眠るときに分泌されるメラトニンが少なくなると、眠りにつきにくくなるというわけです。

ところが、このメラトニンにはセロトニンによって分泌を促されるという特徴があります。これがうつ病になると不眠になる原因です。

大豆とナッツ類がうつの予防に

うつ病になると、セロトニンの分泌量が減少します。するとそれに合わせて、メラトニンの分泌量も少なくなってしまうのです。メラトニンの分泌量を増やすためにはまずセロトニンの分泌量を増やさなければなりません。

セロトニンの分泌量を増やすためには抗うつ剤服用など医学的治療のほかに、セロトニンの材料であるトリプトファンを多く摂ることが必要です。トリプトファンは必須アミノ酸のために、人間は体内で作ることはできません。なので、食べ物から摂取するしかないのです。

トリプトファンの含有量が多い食材は、動物性タンパク質の多い肉や魚、卵、乳製品などの他に、大豆、ナッツ類、バナナ、かぼちゃなどがあります。動物性タンパク質よりも植物性タンパク質のほうが脳内でセロトニンの材料として利用されやすいといわれているので、植物性タンパク質の多い大豆やナッツ類を意識的にとるようにしましょう。

食欲がない場合

うつ病で食欲がない方は、プロテインドリンクやプロテインサプリメントを活用するとよいです。プロテインサプリメントでは、大豆由来のサプリメントを選ぶようにしましょう。

日中に太陽を浴びるのもいい

また、メラトニンの分泌量を増やす方法として、規則的な生活を送ることが有効です。特に日中に太陽光を浴びると、夜にメラトニンを分泌しやすくなります。

うつ病による不眠に悩んでいる方は日常生活の中で、植物性タンパク質の多い食事と太陽光を浴びることを意識的に行うとよいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ