うつ状態とうつ病の違いは?うつ病の症状について

うつうつ状態」と「うつ病」は異なります。

気分が落ち込んだり、やる気が出ないことは、だれでも経験があることがあると思います。

通常の「うつ状態」は比較的短期間で回復することがありますが、このような症状が常態化している、単に気分が落ち込んだだけではなく、仕事など生活への影響が大きく出てくるなど、「うつ状態」状態がさらに重くなっているのが「うつ病」となります。

うつ状態とうつ病の違い

うつ状態」であれば友達と遊びに行ったり、休日をゆっくり過ごすなどちょっと気分転換ができれば気持ちが晴れる状態にあります。

しかし、「うつ病」は上のようなことでは簡単にはうつ状態が晴れることがありません

本当なら楽しいことでも楽しむことができない。趣味ですらやることができない状況です。

「うつ病」の症状の物事に対する悲観的な考えや将来に対する絶望感などほとんどきちんとした理由がないのに、周りの人から見ればそのような状態にないのに自分ではそのように捉えてしまって、その思考状態から自分の力では抜け出せない状況になっています。

「うつ病」の症状は心の問題だけでなく、体にも影響が出てきます。ゆっくり寝たのに疲れている、体が重い感じがするなどの症状が現れてきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ