危険!向上心のある人はうつになりやすい!

うつ病になってしまう人には多くの共通点がみられます。「向上心がある」というのも数多くある共通点の中のひとつです。

仕事熱心で、今よりもよい仕事がしたい、関わる仕事は完璧にこなしたい。日々責任感をもって真面目に仕事に取り組み、後輩の指導にも熱心で、人任せにせず、自分できちんと処理することができる。

そんな理想の社会人ともいえるような人がうつ病に罹ってしまうことは少なくありません。

ストレスはうつの大きな原因です

うつ病になる原因は人それぞれですが、ストレスが大きな原因であることは間違いありません。知らず知らずのうちに心に負担をかけてしまい、そうした生活が長く続くことで、うつ病を発症したり、症状を重くしてしまいます。

始まりは「なんとなくやる気が出ない」といった程度のほんのささいな症状です。真面目な人ほど、そんな自分に焦りを感じてしまいがちですが、この病気は必ず治るということをしっかり理解し、焦らずに治療に当たることが大切です。

まずは早めに診断を受け、専門医に相談することが大切です。そしてそれと同時に自分にできるセルフケアを始めてみましょう。(※専門医に相談するだけでは決して良くならないことは繰り返し言っていますが、一時的に薬で回復させることも重要です。)

難しいことではありません。規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食生活、そして適度な運動と休養を心がけることです。

まずは体と心のバランスを取り戻しましょう。疲れているときに自分は疲れていると感じられることも、生きていく上ではとても大切なことなのです。

1人で頑張りすぎない

向上心をもって、常に前向きに努力できることはとても素晴らしいことですが、1人でなんでも頑張りすぎてしまうと、心に疲れがたまってしまいます。ときには頑張れない日もあってよいのです。そんな自分を認めることが、病気の改善につながっていきます。

弱っている自分を認めること、そんな自分を誰かに見せることはとても勇気のいることです。向上心に溢れた人ならなおさらで、そうであるからこそ早い段階で誰かに相談することができず、うつ病になってしまうことが多くあります。

きちんと向き合えばかならず病気はよくなります。人に相談し助けを求めることを恐れず、正直な自分の気持ちを声に出してみましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ