月300時間以上の残業でうつ病に!闘病体験記 男性 36歳 K.K.さん

現代病の一つ、うつ病ですが、私も経験があります。もちろん病気の原因は人それぞれ違うでしょうし、中には複数の要因が重なって発症する人もいることでしょう。

僕の場合も原因は一つではないですが、残業期間が月間平均300時間を超えていたという長時間労働も大きな要因の一つだったと思います。

病気療養中の生活費は?

うつ病になる人は真面目な性格の人が多いと聞きます。実際に僕も、仕事に対しては責任感は強い方だったと思います。

そのため、体調が悪くても休むという選択肢をとらずに無理をして余計に体調を崩してしまうことも多いでしょう。

また、長期間休むと生活に困るという面もあり、なかなか自分がうつ病だと認めたくない気持ちが働くことも考えられます。

しかし、会社勤めの方は、仕事が原因であれば労災保険、私生活が原因であれば健康保険からお給料の満額ではないですが、一定期間の療養に対して保障がされます。

病気かな、と感じたらどのような制度が自分に当てはまるかを人事の人に相談してみるのはいかがでしょうか?あるいは病院などでも相談窓口がある病院もあるようですよ。

療養中はきちんと医師の指示を

うつ病は、治りかけてるときに無理をしてしまうと悪化することが多いです(もっとも、他の病気もそうかもしれませんが)。

療養期間中は、服薬も含め医師の指示を良く聞いて、また症状もきちんと医師に伝えて一日も早く治るようにしましょう。素人考えで服薬をやめたりすると、かえって治療が長引くこともあります。

「無理はしない」「医師の言うことはきちんときく」「医師に症状を正確に伝える」ことが完治への早道
です。

実際に僕も、医師の指示通り療養して日常生活は全く問題ないところまで来ています。辛い時期と早くおさらばするためにも、独断は避けるようにしましょう。

復帰に向けた準備

症状が落ち着いてきたら、いよいよ復職に向けての行動です。これは職場もまじえて検討することですし、主治医の意見も会社に伝える必要があると思います。

復帰にあたって会社に気をつけてほしいことなどを明確にする方が、受け入れる会社も対策しやすいはずです。

僕の場合は、病気のことも同じ部署で働く人たちには、オープンにしてもらってかまわないという意向を伝えました。どういう形が望ましいかはわかりませんが、自分の希望、会社側の対応可能な範囲、主治医の意見など、様々な要素を検討して、復職を目指しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ