うつ病になったら転職すべきか休職すべきか?

うつと転職職場での対人関係や仕事でのプレッシャーによって、精神的に病んでしまう。それが悪い方向に向かっていき、些細な同僚の言葉や自身の失敗が引き金となり、うつ病となってしまいます。

その後の対策として、多くの方が静養するために休職をしたり、退職していきますね。ですが、あえて「留まる」、もしくは「転職をする」という選択もあるのです。

うつが酷くなる可能性は?

静養期間無しですから、うつ病が酷くなる可能性もありますし、とても難しいことではあります。

ですがこれは、開き直るということではありません。現状を投げ、逃げてしまうことが、後々にうつ病状態だったという自らの自信喪失に繋がり、将来的に様々な問題が発生してしまうのです。

転職しない場合は?

転職をしない場合は、まず自分の状態を会社に知らせる必要があります。その時、大抵の上司はうつ病を論理的に考え、原因を探ってそれを解決に導こうとします。「なぜ眠れないのか」「何が不安になってるのか」などです。

これに関しては、医師ですらうつ病のメカニズムが完全に把握できていないのですから、素人の尋問のような診療で、ましてや現在精神的に不安定な本人がわかるはずもありません。無視せざるを得ません。簡単に症状を伝えるに留めましょう。

転職した場合は?

転職した場合、うつ病だということを話せる仲間もいませんし、当然ながら企業は即戦力として扱ってきます。なのでそこは心機一転。新たな門出に立ったとして全てをリセットします。

転職先で前職のことを聞かれ、嫌な記憶が蘇ることもあるでしょう。ですが自分はうつ病を持ちながらも、通常の生活を送っていると誇っていいのです。

最も嫌なこと

うつ病になった理由で、何が最も嫌なことなのか。それが自分に及ぼした100%の不条理だとした場合、自身にも2~3%ぐらい原因があると考えるのがいいと言います。それを克服することで、人間的に成長することを目指すのです。周りは関係ありません。

むしろうつ病だろうとちゃんと働いているわけですから、気にする必要もないでしょう。そういった考え方の切り替えで、うつ病に振り回されるのではなく、逆に手綱を引いてコントロールしながら生活している方もいるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ