高木美保さんが精神疾患(パニック障害)に!どうやって克服したのか?

芸能界はさまざまなジャンルがある華やかしい世界です。その中でも女優業は常に役作りやセリフの覚えのプレッシャーがかかってしまいます。

またNGを出して、共演者に迷惑がかからないように気が張ってしまったり、撮りで時間がおさないように気をつけたりする他にも、役に穴を開けないように健康にも気をつけなければなりません。

女優業と高木美保さん

1984年に澤井信一郎監督の映画「Wの悲劇」で女優デビューしてから、NHK大河ドラマの「いのち」や「長七郎江戸日記」など数々のドラマにも出演しています。「嵐シリーズ」といわれている、「華の嵐」や「夏の嵐」という昼帯のドラマで注目を浴びました。

高木美保さんは、気が強そうな外見とステキな声色などの口跡を武器に役に挑んできました。いい台本を手にすればするほど、自分の実際の人格と役柄のギャップに悩み、息苦しくなってしまい、「自分は女優にむいていない」と思うようになりました。

パニック障害からのうつ病

高木美保さんがうつ病になったきっかけは、電車での移動中にパニック障害を起こしたことから始まります。

当時はパニック障害や、うつ病などがメジャーでなかったため、家族にも相談できずにいました。その結果、最も身体と心の休憩場所になる「自宅」も安らげる場所でなくなってしまいました

逃げ場をなくしてしまったんですね。

女優業の自分の人格とは違う人格へとなりきる役作りやセリフ覚えなどのストレス、自分への親からの期待に押しつぶされてしまったのです。

将来を心配する前に目の前の心配を

うつ病を発祥させてしまってからというもの、「女優をやめたら、この先どうしたらいいのか?」などの将来を悲観する思いが募ります。

しかし、「先のことを心配するのはやめて今を心配しよう」と考え方を変えることができた高木美保さんは、女優業を辞め、タレントへと転向しました。

そして、バラエティー番組やコメンテーター、エッセイストにと活躍の場所を変えることによって、抱えこんでいた役作りやセリフ覚えのストレスから解放され、少しずつうつの症状がよくなりました。

自分を見つめ自己分析をすることで見つかる生き方

「自分は都会は合わない。」と思い、治療をかねて栃木県の那須塩原市へ移住し、そこで農業をし自然に触れ、身体に良い食事を摂り、ストレスの少ない生活をおくることで、うつの症状を克服しました。

自然と共に生きることで知的でナチュラリストなイメージをもつ高木美保さんは、自然なふるまいやスパッとしたものいいが心地よく、女優を生業にしていた頃よりも生き生きとさせていますね。

健康的な生活は人を元気にさせる。何が使われているか分からない食事を摂り、不規則な生活をを送れば、身体や心が悲鳴をあげるのは当然ですよね。自分に必要なことに気づき、自力でうつの症状を改善させた高木美保さんのすごさを感じられました。

自分の生き方を見直し、今をみつめる。ストレスから逃げることは悪いことではなく、むしろ、それに気づき、自分の安らげる場所や居場所を見つけることが大切であることを教えられました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ