鬱で辛かった対人恐怖症が解消出来た理由は? 女性 化粧品販売員 44歳 M.A.さん

鬱の原因は人によって様々です。そんな中で私の鬱の原因は更年期と重なって働いている職場が潰れるという噂を耳にしたことでした。本当にショックで崖から突き落とされたような気分でした。

もう良い年なのにどうやって家計を支えていこうかと悩みました。これが影響で鬱になったのでしょう。休職することになりました。

辛かったことは対人恐怖症

鬱で一番辛いと思ったのは、今までとは違って人と対面することが怖くなったことです。知り合いがお見舞いに来てくれても、うまくしゃべれなくて、せっかく慰めてくれても思ったような言葉をかけられませんでした。

自分のせいで相手が気を使っているのが辛くて辛くて人に会いたくなかったです。こんな自分を見られることがすごく嫌でした。

それに今までは近所づきあいも普通にしていたのですが、鬱になってからはすべての近所づきあいは夫に任せていました。友人以上に他人である近所の人としゃべるのはさらにできないと思ったからです。

夫にはすごく迷惑をかけてしまったと思います。家族を苦しめている自分が本当に許せないと思いました。その申し訳ないという想いがさらに悪循環で私を益々酷い状態にしました。

考え方を変えたことをきっかけに鬱が解消

それでも私の家族は何も文句を言わずに私を支えてくれました。見捨てずにずっと見守ってくれました。夫だけじゃなくて、義父や義母まで気にしてくれて、私に無理して仕事をしなくていいとまで言ってくれました。「夫の稼ぎが悪くて申し訳ない。」とまで言ってくれました。

段々と自分が不安に思っていたことが、それほど大したことではないのかもしれないと思えるようになって、そうすると段々と鬱が解消して行きました。「こんなに想われててこんなに幸せなのに自分は何を不安がっていたんだろうか」と思いました。

そういう風に思っていると段々と前向きに考えられるようになりました。考え方を少し変えただけで私の鬱は良くなって行きました。

結局職場が潰れるというのもただの噂だったようで、無事仕事に復帰できるまでに回復しました。考え方と言うのは本当に大事なのだとこの一件で分かりました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ