うつ病になる原因の環境要因と身体的要因は何か? 男性 配送業 21歳 S.Y.さん

最近よく耳にするうつ病。大体の人は耳にしているだけで実際どんな病気か、どれほど大変か気にしている人は少ないはず。

そのうつ病がどういったものか。また、うつ病の人にどのように接したらいいかを皆さんにぜひ知ってもらいたい。

うつ病になる理由

なんと、うつ病になる理由ははっきりとはわかっていません。しかし、考えられるものとして、環境要因と身体的要因があると考えられています。

私がうつ病になったきっかけは環境要因と身体的要因でした。環境要因はその他にも、引っ越し、育児、職場の人間関係などがあります。身体的要因では、疲労やホルモンバランスの変化などが要因としてあげられます。環境要因は特に、誰もがなりうる要因がたくさんあります。

うつ病の症状

うつ病の症状は基本的に、気分が落ち込んでいてなかなか回復しない、何をしていても面白くないなどたくさんの症状があります。しかし、自分でもこれがうつ病なのかなかなかわからなく、ましてや他の人から見ても全然わからないのです。

実際私がうつ病だった時も、最初は「体がだるいな…」くらいしか思わなかったのです。その後普通に仕事をしていたのですが、徐々に気怠さや意欲の低下、眠れなくなるなどいろいろな症状がおこり、病院に行ってみたところうつ病とのことでした。

うつ病を治すには?

私の経験から、うつ病を治すにはその人自身の気持ちも大切なのですが、それ以上に周りの環境が大事だと思いました。

私は病院に行くまで一人で生活していたのですが、医師に「一人でいることはあまりよくないので、誰かほかの人と暮らしたほうがいいよ」と言われ家族と暮らすことにしました。その後医者からもらった薬を飲みながら生活していると、だんだん気分もよくなり仕事にも戻れるようになりました。

今思い返してみると、誰かと一緒にいるというのはとても大切で、誰かと話すというのは特に必要なことだと感じました。

うつ病の人への接し方

うつ病を治すには…でも記述したように、周りの環境、その人への接し方がものすごく重要になってきます。一番気をつけなくてはいけないのが、焦らせないことです。特に、「早く仕事しなさい」や「うつ病なんて大したことないんだろ」といったことは絶対に言ってはいけません。

焦らせてしまうと気持ちが空回りしてしまい、さらに病状がひどくなります。なのでうつ病の人には「ゆっくりでいいからね」と言ってあげることが大事であり、実際私もこの言葉に助けられたときがたくさんありました。最後に、うつ病は誰もがなりうる病気です。

なってしまったものはどうしようもありません。ですのでゆっくり治していくことをお勧めします。また、周りにそういった方がいる場合は、優しく焦らせないように接してあげましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ