【動画付】α波を出す曲を聴くとうつの治療や予防に効果あり?

うつの治療や予防に効果を発揮するのはリラックスしてゆっくりと休養する時間をとることだと言われています。

人間がリラックスしている状態の脳内では、セロトニンが沢山放出され安らかな気持ちになりα波が出ています。

このα波は公園や森林を散歩するなど自然に触れる時が一番出やすいと言われていますが、コンクリートジャングルの都会に暮らす人々にとって自然と触れあうのは難しいのが現実です。しかしながら、音楽を聞くことによってそのα波を出すことがいろいろな研究で分かっています。

それでは、うつになりそうなときに聞くといい曲というのはあるのでしょうか?

α波を出す曲は?

具体的にこのアーティストのこの曲がうつに効果があるというデータがないので一概に具体例を示すことは難しいのですが、自然の情景を連想させる小鳥のさえずりやくじらの鳴き声、小川のせせらぎなどの音はα波を出す効果があると知られています。

またCDショップやネットの通販などではうつに効果のある音楽としてCDが発売されていますが、全体的にヒーリングミュージックとして穏やかなゆったりとした情景の音楽が主流となっています。

しかし、同じ音楽でもその印象は受ける人によって様々で、鳥が嫌いな人は小鳥のさえずりを聞いてもリラックスできるどころかイライラしてしまうこともあるでしょうし、くじらの鳴き声を不快と感じる人もいるでしょう。

逆に昔からロックやヘビーメタルなどの激しい音楽を好んで聞いている人にとってはそれらの音楽を爆音で聞いて心を落ち着かせることもあるかもしれませんし、好きだったアイドルの曲や昔聞いた思い出の曲などがその人にとっては一番リラックスできる曲かもしれません。

音楽がうつなどの治療や予防に効果があるというのは分かりますが、具体的にどの曲がいいのかと問われれば、100人いれば100通りのリラックスできる曲があるように音楽は主観的なものです。

うつには自分がリラックスできる好きな曲を好きなだけ聞くのが一番のおすすめです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ