うつになりにくい人っているの?うつにならない5つの性格

うつになり易い性格には、几帳面であったり神経質ということはわかります。

ですが反対に、うつになりにくい性格について知っている人は少ないのではないでしょうか?

また、それをあえて実践することで、うつ病にかかり易かった人も変わることが出来るかもしれません。

うつにならない性格1:部屋が汚い人

典型的にうつにならない性格の例とし、部屋が汚いということが挙げられます。

着ていた服は脱ぎっぱなしで、靴は玄関で汚らしく並んでいる。使った道具は定位置を持たず、常に部屋の中を引っ越しし続ける。

限度はあるでしょうが、多少は散らかっていても気にしないくらいが、うつ病になりにくい人の特徴といえます。

うつにならない性格2:遅刻しやすい人

遅刻しやすい人もうつになりにくいです。どうしても二度寝、三度寝をしてしまいます。会社に遅刻しろということではありません。

あくまで、ルールを守ることは社会人として当然のことなのですが、必要以上に抱えることは精神的な負担となります。程よい責任感の持ち方を心がけるのがいいと言えるでしょう。

うつにならない性格3:忘れ物をしやすい人

忘れ物をしやすいということも、うつにならない性格の持ち主に多いようです。

家を出る時に忘れ物チェックなどという概念は存在しなく、学校や会社についてから「しまった」となることがあります。

忘れ物に対する不安や心配は、意外にも精神的な重荷となり、知らず知らずにうつの原因となっていることもしばしばです。

うつにならない性格4:一夜漬けが多い人

一夜漬けが多い。毎日こうしなくては、来週はプレゼンだからぎっちりと予定を組んで、という義務感で自分を追い込むことはうつになりやすいです。

またその際にも、好き嫌いがはっきりとしているのがあります。嫌いなものは一向に進まず、好きなことはすぐに終わる。完璧主義者とは真逆の考え方ですね。

うつにならない性格5:喜怒哀楽がはっきりしている人

感情を表に出しやすく、喜怒哀楽がはっきりとしている方の方がうつになりにくい性格といえるでしょう。

最後に

これを全て実行するとなると完全に不真面目な人となってしまいますので、それはやめましょう。ここで述べているのは、真面目過ぎることは良くないということです。

そういう人がいるおかげで社会は回っているのかもしれません。ですが、それで自分の身体を壊してしまっては元も子もないのです。適度にストレス発散を心がけ、拘り過ぎないようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ