管理職に昇進してノルマのストレスからうつ病になり休職して 39歳 F.M.さん

精神疾患の始まりは5年前でした。中間管理職へ昇進した頃です。もちろん責任が増え厳しいノルマへの対応で悩んでいました。

そんなある日こと下痢が続きおかしいなと思い病院へ行きました。内科的な問題はなく睡眠障害もあったので精神科への受診をすすめられました。そこで診断されたのは「過敏性腸症候群」と「不眠症」で総合的には「自立神経失調症」でした。

その後も投薬治療を行いながら仕事をこなしていきました。そんなことを繰り返しながら3年仕事をしてたのですがある日自傷行為をおこし病院では「重度のうつ病」と診断されました。

休職への流れ

主治医の診断で仕事はドクターストップです。自傷行為もあったため入院も考えてくださいとのことでした。会社にはその旨の診断書を提出しました。私は会社を辞めるつもりで退職願いも同時に準備しました。

会社の上司は「お前がうつ病?明るくて後輩たちと接してして仕事もこなしているのでそのようには見えない。」とのことでかなりビックリしたようです。それもそのはずで私は病気のことは会社に内緒でから元気でかなり明るく振舞っていたのです。

会社には退職の意向を伝えました。会社ではかなり検討してくれて「休職との形で様子をみましょう」とのことでした。それにより休職生活が始まりました。

休職中の生活とリハビリ施設への通所

仕事を休職して3ヶ月間はかなり寝た記憶があります。通常の生活に戻るまでは「とにかく休む」ことに徹しました。仕事のストレスなどはすべて開放され考えることはほとんどありませんでした。

その後は少しづつ心身共に落ち着きを取り戻した感じがあります。ただ、急に不安感に押しつぶされそうな感情が出たり大変な時期でもありました。

1年も休むとかなり回復します。その後は社会復帰を目指すための精神疾患者用のリハビリ施設へ6ヶ月通いました。そこでは軽作業や認知の歪みを修正するためのグループミーティングを中心に行いました。大変勉強になることが多く感じました。

そしてリハビリスタッフと勤務先で打ち合わせを行い会社復帰へと導いてくれました。その後は1年6ヶ月の休職はありましたが会社復帰をはたすことができました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ