ハードな仕事でうつ病になり退職!漢方薬でうつ改善へ 女性 24歳 T.K.さん

今は随分よくなりましたが、一時期うつで治療をしていました。

原因はお仕事でした。ハードで過酷なノルマや環境に身を置き、最初は「仕事嫌だけど、頑張らなくちゃ」という気持ちから「やってもやっても出来ない」という焦りました。

そして「もう何もしたくない」という状態になり、最終的にはうつを発症しました。

幻聴で夜眠れず

夜眠ろうとすると、幻覚が見えたり、幻聴があったりしました。部屋の隅から般若がにらんでいたり、耳元で爆音が聞こえたりとして、精神崩壊寸前だったと思います。

どうにか眠っても悪夢で目が覚めます。大抵は誰かに追われている夢でした。

そのまま、眠れない夜を過ごし、どうにか仕事に行くのですが、意識朦朧としてしまって仕事になりません。

結局、退職しましたが、最後は勤務していた記憶も残っていないんです。いつの間にか退職していた感じですね。

退職してからも地獄が

退職すればすべて解決したかといえば、そうではありません。そこからが地獄でした。仕事もせず家で療養していましたが、それが余計に自分を責めてしまうんですよね。

家に篭っていると、完全に社会から隔離された気分になりますし、自分はこの世に必要ないと思うようになりました。

精神科ではお薬を使って治療もしていましたが、なかなか改善しませんでした。薬を飲むと、どうしても体がだるくなるし何も出来なくなるんです。

先生の方針でお薬は最小限でしたが、それでも辛い状態でした。それを少しでも和らげる方法として用いたのが漢方です。

漢方薬でうつを改善

私が使っていたのは、まず体の体温を上げるようなもの、便秘に効くものの二種類です。

一見、うつと関係なさそうでしたが、体温を上げることで体が楽になりリラックスできる効果があるということと、排泄はストレス解消になるという効果を期待してのことでした。

実際、体温が上がるとかなり気持ちが楽になりました。たしかに通常の状態でも血流が滞ると、なんとなく活動が衰えます。

ですから、うつでなくても、よい効果が得られると思いますね。便秘も然りです。

現在は薬を卒業し漢方だけを服用しています。こちらのほうが、体にも負担が少なそうだし、気楽ですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ