うつになってから会社を休職するまでの流れと周りの反応

最近では珍しくない「うつ」という病気。心の風邪とも言われるくらい誰にでもかかる可能性のある病気です。

症状は人によって様々で軽いうつから重症のうつまで色々あり、完治までの時間も数週間~何十年かかる人もいます。うつ患者の中には自分がうつだと言う認識のないまま日常生活を送っている人や、も多く自分ではうすうす気付いているものの認めたくないからと病院に行かず無理して日常生活を送る人もいます。

そういったことが原因で症状が悪化してしまったり治療を始めるのが遅れてしまって完治にかなりの年数を要するようになってしまう例も多々あります。

うつになったらどうなるか

なんだかおかしい、気分がどんよりしてしまう、体がだるい、ヤル気がでない…ちょっとしたことがきっかけでふと気付くとなんだかすごく疲れてるような気がする。ただ疲れているだけだとごまかしながら日常生活を送る。

皆はじめはこんな感じで違和感を感じつつも自分がうつになってしまったとは気づかないでしょう。そういう身体や心の不調が積み重なって段々と自分が自分じゃなくなってきてしまう。

今までできてたことがだんだんできなくなってしまう。何をしてもヤル気が起きない。

仕事にいけない、そして布団からでれなくなってしまう。うつになってしまう人はみな几帳面で真面目で責任感の強い性格の人が多くその責任感や真面目さから回りに迷惑をかけてはいけない、仕事に支障をきたしてはいけないと気にするあまり受診できない状況の人もいます。

そうやって頑張りすぎていると気付いたときには症状がひどくなっていることがあります。仕事に行かないといけないのに体が動かない、出勤してたのに会社まで入れない。そんな状況が続き、仕事に行けなくなって休みがちになってしまいます。

うつに対する周りの反応

この頃になると周りもその異変に気付いてくるでしょう。でも事情を知らないとただの怠けだと言われたり欠勤に対して冷たい態度を取られたり影での噂話もあるでしょう。

それでよけいに周りの目が気になり出勤できなくなったり出勤しても肩身の狭い思いをするようになります。現代はうつ病患者の数も増えてだいぶ理解も広まりましたがまだまだ浸透してない部分もあります。

本人は本当につらくて動けないのにわかってもらえなかったりして、うつを理由に会社を休職するのはかなり勇気がいることです。会社によったら退職を勧められるところもあるようです。

それに経済的理由などから休養が必要にも関わらず休むことができないという人もたくさんいます。まだまだそういう面でのサポートや相談機関などが少なく治療に専念できる環境が作れない人がいるのも現状です。

うつが進行してからの休職について

実際に休職しないといけない状況になったら勇気を出して休むことが大切です。1人で抱えずかかりつけの医師や身近な家族、友人など心の許せる人に打ち明けて相談しましょう。

休職が決まったらとりあえず病院で診断書などをもらい、なるべく早く職場に伝えましょう。会社によったら休職ではなく退職を勧められるところもあるようですができるだけ今後どうしたいかなど自分の意思を示し、復職にむけての意欲があることなど伝えて今後のことについて決めていきましょう。

休職できるようになったら罪悪感や不安感をできるだけ持たずなるべく日々おだやかに心を休めるように過ごしてください。今まで仕事に追われたりしてできなかったこと、近所を散歩したり趣味に没頭したり何もせずボーッとすることも大切だと思います。

そうして少しずつ完治にむけて進んでいきましょう。

うつに対する世間の認知度はまだまだ低い

うつは誰もがかかりうる病です。自分が弱いから、怠けているだけだというマイナス思考を持たずに今まで頑張りすぎたんだと、頑張り続けた自分を労い認めていつか完治するという気持ちで休職して治療に専念してほしいと思います。

うつ病患者が増加傾向にあるにも関わらずまだまだ世間の理解度はとても低いように思います。うつに関しての理解をもっと世間に広め、治療に専念しやすい環境が整えるようになってほしいと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ