うつ病で休職した際の傷病手当金の申請から受給まで3つのステップ

精神科や心療内科のある病院に行き、主治医にうつ病と診断されると、症状によっては会社を休み、療養する必要があります。

しかし、働かないと収入がなくなり生計が成り立たなくなるため、社会保障制度として、健康保険の「傷病手当金」という制度があります。

ステップ1:傷病手当金の受給条件

まず、「傷病手当金」を受給するには、健康保険の被保険者であること(健康保険料を納めていること)が前提条件です。配偶者や子どもなど、誰かの被扶養者として健康保険に加入している方は受給資格がありません。

次に、うつ病で4日以上連続して会社を休んだ場合に4日目の休み以降について、受給権利が発生します。3日間は待機期間として対象になりません。

さらに、会社から賃金(給与)の支払いを受けていないことも条件です。会社に有給の病気休暇制度などがあり、賃金が支給されている場合は該当する期間に申請しても不支給という扱いになります。

ただし、有給の休暇を使い切り、会社を休んでいる途中で無給の休職等になった場合は、無給となった日から受給対象になります。

ステップ2:受給できる金額

受給額は、出勤日1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額となっています。標準報酬日額とは、会社を休む前に毎月の賃金(給与)に応じて設定されていた標準報酬月額を30日で割った金額です。

また、出勤日とは、病気でなければ出勤する予定の日数です。日曜日など、元々休みが割り当てられている日数は含まれません。

つまり、単純に1か月の日数の3分の2が「傷病手当金」として受給できるわけではなく、実際は本来の賃金の4割~5割程度が受給できる金額です。

例えば、月給30万円、完全週休2日の場合、出勤日は約20日なので、標準報酬日額=30万円÷30日=1万円、傷病手当金=1万円×2÷3×20日=約13万円となります。

ステップ3:傷病手当金の申請

傷病手当金の申請は、会社が加入している健康保険(協会けんぽ、健保組合等)によって様式が異なります。

所定の様式に、本人が記入する欄(氏名、生年月日、傷病手当金の振込先口座等)、会社が記入する欄(会社を休んだ期間の証明、休暇期間の賃金の支払い状況の証明等)、主治医が記入する欄(病名、症状等)があります。

まず、会社などから傷病手当金の申請用紙をもらい(最近はホームページからダウンロードできるところもあります)、本人が必要事項を記入します。

次に、病院で主治医に必要事項を記入してもらいます。最後に、会社に提出し、会社が必要事項を記入後、会社から健康保険に提出(申請)します。

この際、会社に先に必要事項への記入を依頼し、最後は本人が申請しても問題はありませんが、病気で働けない状態なので、負担軽減のため、基本は会社に依頼することをお勧めします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ