うつ病の発症から復職への道のり!4つの行程での注意点と対策は?

うつで休職を余儀なくされて、これからどうすればいいと不安な思いは様々あると思います。これからどうなるのだろうと思っているのは本人だけではないのです。

周りの家族、兄弟あるいは姉妹も心配しているのです。一人で悩んでいる人も決して一人で解決しようと考えないで下さい。

これがうつで悩んでいる方にとって最初の気づきです。皆で気づきを大切にうつを徐々回復していきましょう。

その上で今回は4つの行程に分けて解説していきたいと思います。

休養することを認める過ごし方

うつで離職あるいは休職を余儀なくされていると本人は失望感、罪悪感を持っていることが多いのです。本人に聞いても落ち込んでいないと言うものの、潜在的意識の中では落ち込みを感じています。

休職期間でしっかり休養にするには、援助する方にうつ病に対しての理解が必要だと言えます。

体には支障はなく、側から見れば普通の方に見えてしまいます。休養をするにはうつに対して理解がないと楽をしてダラダラしていると偏見をしてしまいます。

援助する側の方が偏見をもってしまうと、当人としても家庭に居場所を失ってしまい、より回復期間が延びてしまいます。

うつの回復期間で大切なこと

回復期間の過ごし方次第で、復職に至ってもまたうつになってしまう可能性が高いので注意が必要だと言えます。主体的に行動に移すにはまだ時間が必要ですが、生活習慣を改善していくとリハビリ、そして復職に結びつきます。

ここで重要なことは、休養期間に失った体力を戻すことにあります。体力がつくと、本人としてもやる気が出てきます。生活習慣を規則的にして、本人のペースで徐々に体力をつけることに意味がありますので、援助者は焦らずに見守ることが大切です。

その時に有効な手だてとしては、毎日何でも良いので、本人が簡単にやれることを頼むことにしましょう。相手による認証を本質的に求めているので、役に立っているとここに居場所あるのだと本人が自覚するのが大切です。

リハビリテーションの行う上での注意点

リハビリといっても現実を認識することから始めなくてはいけません。単純に理解しやすいことから始めて客観的評価を助言してあげましょう。

通勤にバスを利用するのであれば、一人で行き帰りをしてみることから始めましょう。リハビリテーションは動機付けが大切なので、援助者も一緒に考えて、答えを押し付けずに主体的に行うように気をつけましょう。

目的意識が明確になってくると焦って計画を急ぎ過ぎするので、その前にできることを明確に話し合いが必要になります。

体調が良かったら第三者に立ち会って貰って意見も出してもらっても良いと思います。その際、うつに対して理解がある人に頼むようにしましょう。

復職にはどんなことが必要か

会社側にうつで休職を伝えていない場合は、できれば告知して仕事しやすい職場環境に整える必要があります。前やっていた仕事を引き続きすると、できないことが多く失望感に襲われる可能性があります。

できる仕事から始められるように業務に配慮していただき、不安を整理していきましょう。本人は仕事について過去の職場、業務内容の考えを入れないことが重要です。

過去の自分と比較してしまうとこれでいいのかと未来に失望してしまう可能性がありますので、現実の自分を見つめ目標を定めていきましょう。

どうしても過去の自分と比較してしまったとしても、心が折れる前に逃げ道を用意するのも対策の一つですので重要です。こだわらず、自分が折れてしまったらまたうつの初期に逆戻りです。

できないことをできると言わず、自身の目標を見つめながら自分のペースを心掛けると徐々に回復して周囲も安心してくれて自信につながります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ