うつによる休職後に復職するために踏まなければならない過程は?

昨今、ストレスやハラスメントといったことが原因でうつを発症し休職するケースが増えています。

そこでうつによって休職された方が復職するために踏まなければならない過程について記載します。

これはどちらかというと症状が軽い方が休職を選択する際にお役立ていただければと思う内容です。

体調が悪くなったら

まず、様々な要因で仮に体調が悪くなって会社に相談をしますと、きちんとしている会社は休職を勧めてきます。これはもちろん、体調を崩された方を心配してのことではありますが、放置しておくと企業責任につながるので勧めてくるという側面があります

放置しておいてその従業員の状態が悪くなったら、深刻な問題に発展する可能性があるからです。ここで意識しておきたいことは、確かに休むことは大切で選択すべきだとは思いますが、体調云々以上に復職するまでに時間がかかるという点です。

ですので、会社が勧めるからということではなく、自分自身の状況を主治医等に相談しながら慎重に判断することをお勧めします。

復職に向けて

その後休職をして体調がよくなった段階で会社の産業医との面談を実施します。これは絶対に受けなければなりません。それは復職には産業医の許可が必要だからです。

ここで注意しなければならないのが、産業医は会社に常駐していないということです。要は産業医が会社に訪れる日に合わせて、ご自身の面談を行うことになります。

下手をすると、ゴールンウィークやお盆などの長期休暇が絡むと面談が1か月後とかになることもあるので注意が必要です。その間の休暇は、休職期間に含まれてしまいます。

復職した後

産業医の許可が下りて復職したからといって、すぐに通常勤務に戻るわけではありません。まずは数か月の勤務制限、例えば午前中のみの就業、2時間短縮等その方に合わせた指示が出ます。

徐々に徐々に、本当に少しずつ勤務時間を延ばしていきます。個人差がありますが、どんなに症状が軽くても通常勤務に戻るまでに数か月~半年ほどかかるのではないでしょうか。

復職後の仕事内容

仕事内容も現場で簡単に決めることはできません。産業医の指示で非常に軽度なものから、こちらも徐々に時間をかけて通常業務に戻していきます。

その間に、月1回ほどの産業医面談が続きます。症状が重い方にはゆっくり過ぎる対応に越したことはないと思いますが、比較的症状の軽い方には思った以上に不自由な時間が続きます

ほんの1~2か月休んだとしても完全に通常勤務に戻るまでに、1年近くかかる可能性もあるのです。

もちろん、うつに対して無理は厳禁です。ただ、比較的症状が軽い方は、想像以上に完全復帰には時間がかかることを考えて判断すべきだと思います。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ