うつが原因で起こる頭痛を解消するために知っておくと役に立つこと

うつ病というと、落ち込む・やる気が低下するなどといった、メンタル的な症状をイメージする方が多いです。

しかし、実際には、多くの方が酷い頭痛に見舞われたり、頭の重さを感じたり、下痢や便秘を繰り返すというような身体的症状を経験しています。

なかでも頭痛に悩まされている方は多く、その痛みはすぐに改善されない傾向にあるため、とても深刻な問題のようです。

肩凝りからくる頭痛には、抗不安薬が有効

うつ病にかかると、首や肩の凝りが酷くなる場合があります。うつ病によるストレスから、常に緊張した状態になるため、首や肩に流れる血液の循環が悪くなってしまうのです。

これはうつ病ではない人にも言えることなのですが、血流が悪くなると確実に肩凝りが酷くります。そして、それが原因で頭痛まで起こしてしまうのです。

頭痛には大きく分けて「緊張型頭痛」と「偏頭痛」がありますが、上述したようなケースの場合に起こる頭痛の正体は緊張型頭痛であることが予想されます。

いくつか解消法がありますが、もしうつ病の治療中であれば、抗不安薬も有効です。抗不安薬(精神安定剤)にはリラックスさせる効果がありますから、肩凝りなどにも効き目があると言われています。

あまりに頭痛が酷いようなら、まずは通院しているクリニックの先生に相談してみましょう。

お風呂に入る習慣をつけましょう

緊張型頭痛の原因が血流の悪さであることはお分かりいただけたと思いますが、抗不安薬以外にも自分で頭痛を解消する方法はあります。

それは、毎日お風呂に入るということです。意外とシャワーだけで過ごしている方は多いのではないでしょうか。

血流を良くするには湯船に浸かるのが一番です。体に溜まった乳酸が体の外に出ますので、少しずつ肩凝りは解消されていくでしょう。そうなれば、徐々に頭痛もおさまっていくはずです。

体を温めることは、肩凝りだけでなく冷え症や腸内環境を整えることにも良いと言われていますし、リラックス効果もありますから、是非毎日お風呂に入ることをお勧めします。

頭痛が「痛い」より「重い」という場合

頭痛というと、ズキズキという痛みが大半かと思いますが、なかには頭の重さに苦しんでいる方もいるのではないでしょうか。

うつ状態になると、まるで頭の上に鉛をのせているかのような症状に襲われることがあります。これもかなり辛い症状の一つです。

頭が重い場合も、緊張型頭痛の時のような対処法はもちろん有効ですが、それだけでは快方に向かわないこともあるでしょう。考え方が後ろ向きである時(つまり、うつ状態の時)に、頭重感は起こりやすいです。

そのため、頭が重くて大変な時には、認知療法で思考を改善したり、抗うつ剤などの処方が必要なケースもあるかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ