うつ病で休職!会社は休職願いを受け入れてくれるか?

うつ病になったら、休職できるのか?まず不安になりますよね。そもそも、うつ病ってただの怠け病じゃないの?とも思われがちですから。

そして、休職したらもう一度復職できるのか心配ですし、休職もいつまでできるのでしょうか?

無理して続けることはないです

うつ病になったら無理して続けるのではなく、思いきって休んでしまう方がいいです。日本人と言うのは多少の事では仕事を休まない、それが美徳だと思われているし、そんな中でうつ病にたいして理解がそんなに広まってない中で、『うつ病なので休ませてください。』とはなかなか言えないものですよね。

そもそも、うつ病になった原因を考えてみると、その多くはストレスに行きつくはずです。そして、そのストレスの原因は職場にあるのでないでしょうか?

もしそうだとしたら、無理して仕事を続けることは悪化する一方です。

休職って?

そもそも、休職と言うのはよく分からない人もいますよね。休職とは、会社に籍をおきつつ一時的にしばらく休める制度です。

多くの会社は従業員(主に正社員)が、病気や怪我で一時的に動けなくなったときに、しばらく休みをとらせて回復を待つ制度を設けています。これがある以上は、合法的の長期の休みを取ることができます。

まず、勤めている会社にこの制度があるかどうかを確認してみることをお勧めします。もしあったら使わない手はないです。

休職した場合のメリットとデメリット

休職した場合のデメリット

休職した場合、当然デメリットはあります。休職中、得られる給与額は満額ではないとこが多いです(会社によっては、一定期間満額の場合があります)。

それと、休職期間中、休職してない同僚たちと比べるとキャリアが劣り、昇進スピードに響く場合があります。しかし、デメリットはこれぐらいです。

休職した場合のメリット

メリットは、額は減るものの休みの間も手当てが支給される。会社での身分が確保されるためいつでも復帰できる。その上で、仕事から解放されるので家で充分にゆっくりできる。

じっくりと自分と向き合える。だんだん仕事がしたくなってくる、うつ病が良くなる。などたくさんのメリットがあります。

休職した場合

休職した場合、「クビになってしまうのではないか?」と一抹の不安があります。就業規則規則に休職があるならば、企業は原則としてこの手順を踏まなければなりません。

万が一、企業側がクビをほのめかした場合は不当解雇にあたりますので、絶対に自分から退職願いを出さないでください。

そして、もし、会社を変えようと違う企業に面接に行った場合、以前の会社でうつ病のために休職したと言うことは、今の時点で言わない方がいいです。今はまだ、企業側うつ病の病歴に敏感になってる場合があるので、そのことは伏せておいた方が無難です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ