うつ病で休職になった時するべきこと!傷病手当金の取得方法は?

うつになったときの不安要素として、金銭面の不安があります。家庭を持っている世帯主がうつになった場合は、家族は心配になるとおもいます。

有給休暇がかなり残っていたり、十分な貯金があれば数か月はなんとかなりますが、うつが長期化する場合は傷病手当を申請すると家計が助かります。

傷病手当とは?

傷病手当とは、病気やケガで長期間休職しなければならない場合に企業から支払われる手当金です。社会保険に加入している企業であれば対応しているはずです。

傷病手当をもらうためには、医師の診断書が必要です。注意点としては、手当を申請しても承認まで1~2か月程度かかります。また、毎月もらっている給料の2/3程度までしか支給されません。

傷病手当申請方法

傷病手当を申請するためには、医師の診断書と勤めている会社仕様の傷病手当申請書類を提出する必要があります。

会社に書類を取りにいけない場合は、自宅に郵送してもらいましょう、振込金額が決まったら金額明細と支払日の通知が届きます。支払いは指定した銀行口座に振り込まれます。

傷病手当の活用

支払われた傷病手当ですが、まずは生活費として家賃、光熱費、食費、通信費などに使いましょう。注意点としては、休職中も税金と保険金を支払う必要があるので、その分も考慮に入れておきましょう。

また、社歴によって最大休職期間も異なってきますので、いつまで傷病手当を申請できるかの確認も必要です。うつになった時に退職を選択してしまう人もいますが、企業に長く勤めていたのであれば傷病手当を使わない手はありません。

金銭面を心配しながらだとうつの回復にも影響があるので、金銭面を極力気にしなくて済む傷病手当は重要です。

うつ回復期の傷病手当

うつ回復期になると、徐々に自分のやりたいことが出てきます。行きたいところに行ったり、欲しい物を買ったりと多少活動的になります。

その際、傷病手当は生活費のベースとし、貯金などお金に余裕があれば自分の活動資金として利用することもいいでしょう。いままで仕事中心で自分を見失っていたとおもうので、自分のためにお金を使うことはうつ回復のためにも良い投資と言えます。

もし転職を考えるのであれば、転職活動にもお金がかかるのでこちらに投資してもよいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ