ぐっすり眠れないと感じたら!睡眠前に聞くべき5つの音源

不眠症で悩んでいる人は、積極的に体を動かす事や定期的な運動をするのが良いという事はよく知られています。しかし不眠症になると心身ともに疲れた状態で何に対してもネガティブになり、能動的に何かを始める事は殊の外億劫になります。

生活のリズムを変えようとか、運動をしてみようとか、寝る為に何かを行わないといけない事はわかっているけれど自分から進んで行動をおこす事がなかなか出来ません。

そこでお勧めなのが寝る前に音楽を聴く癖をつけるという方法です。やり方は就寝までの時間にテレビやネットから離れ音を聴く事に変えるだけです。下記にお勧めの音源ジャンルをあげますのでぜひお試しください。

不眠症で困ったら、まず好きな音楽を聴く

音楽のジャンルは何でもよい

音楽を聴きながら寝ることが目的なのでジャンルに拘らず、好きなアイドルグループでもロックバンドでもなんでも良いです。気張らず聴けるお気に入りの音楽がお勧めです。

どんな音楽でもリラックス効果が有る

音楽のメロディやリズムには心を落ち着かせる効果の他、覚醒させる効果も有りますが自分の聞きなれた音楽を聴くことでリラックスできる筈です。

とにかくテレビなどの視覚的情報を遮り、音楽を聴くという行為自体に癖をつける事が重要です。余計な事は考えず自分のお気に入りの音楽を聴く時間を設けてみましょう。

目が冴えて眠れないと思ったら!クラシックを聴く

「1/fのゆらぎ」でリラックス

自然界の中には「1/fのゆらぎ」というリラックスする音のリズムや視覚的な情報があふれています。我々は普段意識をせず、この「1/fのゆらぎ」に感化されています。

風の音や小川のせせらぎ、よせては返す波の音など自然界で不規則に作られるものにこの1/fの要素を含むものが多く存在します。

もっと身近なところにある揺らぎとしてはロウソクの炎が不規則に揺れる動きや電車に座ると眠くなるというのもこのゆらぎの効果をもたらしているからです。

クラシックには1/fのゆらぎ効果を持つ曲が多い

そんな揺らぎ効果を多く持っているといわれる音楽ジャンルがクラシックです。モーツアルト、バッハ、ビバルディなど誰もが一度は聴いたことが有る曲には高いゆらぎ効果が期待出来ます。普段クラシックを聴かないという方はこのあたりから聴き始める事をお勧めします。

寝つきが悪いと思ったら!ヒーリングミュージックを聴く

ヒーリングミュージックやリラクセーションミュージックという言葉で検索してみると意外にも多くのジャンルが存在します。

実際にCDショップに行ってみると、とめどもなく沢山のCDやDVDタイトルが発売されていることがわかります。

幻想的なヒーリングミュージック

このジャンルの音楽はシンセサイザーなどで幻想的な響きを持つ音楽が多く、聞いているうちにだんだんと心が落ち着く特徴を持ちます。

これはシンセサイザーで作る幻想的な音質の特徴もありますが、非常に単調なメロディーラインの組み合わせが心地よいと感じる要素です。

優しい音色で奏でられた音楽

また、アコースティックな楽器やオルゴールなどの優しい音色で聴きなれた曲のカバーをしてるものも有り、とても聞きやすいです。

こちらも聴いていると心が落ち着く効果が有ります。これらヒーリングミュージックはクラシックと同様に「1/fのゆらぎ」効果が期待できるものが多いです。

さらに、リラックスするように計算された揺らぎ要素を入れているものもあり、ある意味宗教的な音楽と感じる人も多いですね。座禅を組むとか、ひとり瞑想にふけるときに聴くという方も多いです。聞きなれると不思議に心地よく感じる音楽になります。

とにかく眠れないと思ったら!民族音楽を聴く

奥が深い民族音楽

世界の殆どの民族は独自の民族音楽を持っています。音楽とはリズム、メロディ、ハーモニーで構成されるといわれていますが、民族によっては打楽器のリズムを中心に音楽を構成している楽曲もあり、そのリズムを聴いているだけでも心安らぐと感じる人もいます。

打楽器だけでも心地よい音もある

アフリカの民族音楽やティンパニー協奏曲などの打楽器だけで構成された曲も多くみられます。また日本では和太鼓だけで構成された音楽も音圧の強弱とリズムで大変魅了されます。

我々日本人は、テレビやラジオで聞いた歌謡曲や演歌もしくはヒットした洋楽になじみが深いので聴きやすいと感じますが、どこの国の民族音楽にも深い歴史が有り、様々な役割を持っています。

様々な民族を聴いてみて心地よいと感じるジャンルを見つけてください。

自然の音や作られた自然音を聴く

音楽というジャンルから音に視点を変えてみると世の中には心和む音というものが無限に存在いします。例えば、海の波が寄せては返す音、雨が降り続く音や雨水の水滴が垂れる音は自然界で作られる音です。

また、計算して作られた自然音というのは例えば、日本庭園でよく見られる「鹿威し(ししおどし)」です。竹の筒に水が溜まるとシーソーみたいに傾いてカコーンと音がするあれです。

また、更に凝った音を発生させるのが「水琴窟(すいきんくつ)」です。これも日本庭園の遊び心のひとつです。地中に作った空間に水滴を落下させその水が落下した時に発生する響きのある音です。

鹿威しも水琴窟も音としては単調で単純ですが心を落ち着かせる要素があります。これら自然化に存在する音だけを集めたCDや音源などで発売されていますので睡眠に入る為の音として試してみてください。

ゆっくり眠りたいと思ったら!自然の音を子守歌にする

音楽はジャンルや楽曲のスタイルを問わず人間に様々な影響を与えます。

    <音がもたらす具体的な効果>

  • 外部から疎外された空間や時間でも孤独から解放してくれる
  • 感情の起伏を安定させ、安らぎや安心感を与えてくれる
  • 音楽のリズムや音域の高低によって脈拍や心拍数を正常に近づける
  • こころを豊かな気持ちにさせてくれる
  • 好きな楽曲を聴くと幸福感を与えてくれる

音楽の効果は数え上げればきりが有りませんが、音楽を聴くという事は受動的に出来る事なので不眠症の解消のためには簡単で効果が出しやすいです。

ゆっくり眠りたいと思ったら!音の力を活用

音楽や音の持つ効果をご説明しましたが、まずは聴いてみる癖を付けてください。必ず睡眠に入りやすくなるはずです。

様々なジャンルの音から自分が落ち着ける音は必ず見つかるはずですのでいろいろ試してみてください。但し不眠解消の為に音を利用する場合には適量な音量で聴くということも非常に重要です。なんとなく音が鳴っている程度の音量で聞く事と脳を完全に休ませる為にタイマーを使い適度な時間で音を止めるという事も忘れずに行ってください。快適な睡眠を得る為に睡眠前の時間で是非音の持つ力を試してみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ