解離性障害に有効な治療法とは?安心と信頼への3つのポイントとは?

解離性障害は、発症の原因にはさまざまなものがあり、症状も多彩で複雑な病気であるため、その治療方法にも色々な種類があります。また、解離性障害の症状は、時間の経過とともに解消するか、あるいは他の精神疾患などに移行するのが一般的なため、早期治療が必ずしも効果的とは言えない特徴があります。

現在、どのように解離性障害の治療が行われているか、治療における留意点などについて説明します。

治療の目的とは?安心と信頼が治療に必須!

解離性障害の治療の目的は、解離症状があっても日常生活や社会生活に適応した日々を送れるようにすることです。

治療におけるポイントとは?

解離性障害の治療を行う上での大切なことは、以下の3つのポイントを押さえることにあります。

    <治療のポイント>

  • ストレス環境からの脱出など安心できる治療環境の整備
  • 家族など周囲の方の病気に対する充分な理解
  • 主治医など治療者との信頼関係の構築

精神的保護も治療の一つ!

解離性障害の解離症状とは、主な原因となっている心因性のストレスを外部に表現できないことを意味しています。解離症状を引き起こす程の心の負担を本人から表現してもらうためには、安心できる環境と信頼できる関係性が必須です。そのため環境が整わないままでの治療は、効果が期待できないだけでなく症状の悪化をまねく恐れすらあります。

治療環境を整え信頼関係をもって精神的な保護に取り組みながら、症状の自然経過を見守ることも重要な治療の一つとなっています。

薬物療法は対処療法!依存症になりやすい?

解離性障害それ自体に有効性が確認されている薬剤は、まだ海外にも存在しておらず、薬物療法は症状の悪化をまねく共存症に対して処方されています。

治療に用いる薬とは?

日本では医療保険の適応となっている解離性障害に対する治療薬はありませんが、現れている症状に対して対症療法的に薬が処方され、部分的な症状の軽減に効果がみられる場合があります。

抑うつ症状に対しては、比較的に安全性が高く副作用の少ない「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)」、強い不安症状には「抗不安薬」が用いられます。

SSRIは、解離性障害と関係性の深いPTSDへの効果が確認されている薬ですが、解離性障害自体への有効性は確認されていません。

依存性には充分な配慮を!

解離性障害の方は依存症になりやすい傾向がみられるため、薬物療法の際には、充分な計画性と配慮が主治医と本人に求められています。

特に「ベンゾジアゼピン系薬剤」は、依存性や衝動を抑えられなくなる可能性があるため、慎重な判断が必要です。

知識と理解が治療の第一歩!治療は長期的視野で!

心因性のストレスを主な原因とする解離性障害の治療では、有効とされている薬物治療は存在しないこともあり、精神療法と教育的情報提供が重要となっています。

治療上の問題点とは?

解離性障害の治療を行う上での問題点として、症状の特性から周囲に詐病と疑われ病気を信用してもらいにくいことと、本人自体が症状を自覚していない、または受け入れていないことが挙げられます。

そのため、本人と家族など周囲の方が解離性障害について、充分な知識と理解を促す積極的な情報提供が、重要な治療の第一歩となっています。

精神療法の課題とは?

精神療法では、本人と主治医など治療者との信頼関係の構築が最優先事項ですが、症状の特性的にそれ自体が困難な場合も珍しくありません。そのため、長期的視野で治療を継続する必要があります。

しかし、長期間におよぶ治療は、時間的および経済的な負担が大きいことが、精神療法の課題となっています。

解離から引き戻すには?負担の少ない方法とは?

精神療法の他に、「グラウディング」や「リラクゼーション法」を用いることがあります。

グラウディングとは?

グラウディングとは、解離状態から戻らない場合に用いられる治療方法です。手法は定型化されていませんが、本人に声をかけ「何が聞こえ、見えて、触って、味わって、嗅いでいるか」など五感に注意を向けさせる方法です。

五感は常に「今」に結びついているため、現実に引き戻す有効な方法となっています。

その他の治療法とは?

精神療法ほどの治療効果は期待できませんが、「呼吸法」、「筋緩和法」、「イメージ法」などのリラクゼーション法は、不安や緊張の緩和に有効であり、時間や経済的負担が少ないというメリットがあります。

子供への治療効果は早い!大人が長期化する訳とは?

子供の解離性障害は、家庭環境が問題ではない場合、数か月単位の比較的短期間に改善がみられることが多いですが、大人の場合には、治療期間が3~5年など長期化してしまう傾向があります。

子供の治療方法とは?

子供への精神療法は、安全と自由が確保された遊戯室での遊びを通じて、心の成長を促す「プレイセラピー(遊戯療法)」が主に用いられています。また、日常生活でのストレスとも関係性の深い疾患であるため、家庭での人間関係を保護者との面談で確認し、安心できる治療環境の確保を支援することも大切です。

大人の環境整備は難しい!

大人の解離性障害は、原因や症状の現れ方に個人差が大きく、治療効果が数か月でみられる方や、症状の改善に数年かかる場合などさまざまです。大人の場合、複雑な人間関係や社会的責任など強いストレス環境から簡単には逃れられないため、安心できる治療環境を確保できず治療が長期化する傾向があります。

そのため、大人の治療では、周囲の理解と主治医との信頼関係を構築するなど、いかにして安心できる環境を整備するかが重要となっています。

まとめ

解離性障害の原因となり得るものはさまざまで、特に心因性のストレスは、特別な出来事でもない限り外からは見ることができませんし、日々の積み重ねは本人でも自覚が困難です。そのため、うつ病など他の精神疾患に比べて、治療や予防が難しい疾患となっています。また、解離症状は本人の自覚や理解が難しい点も、治療の妨げとなっています。

解離性障害の治療では、症状に直接的に切り込むよりも安心できる環境を整備して、あとは自然経過を見守る方が有効な場合があります。病気の知識を正しく身に着け、焦らず根気強く日常生活への適応を目指していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ