職場は仕事をする場所!職場の人間関係の辛さを軽減する方法は?

どの職場でも、1人くらいは自分と気の合わない、嫌な人間がいるものです。もしいない場合、それは相当運の良いケースと思ったほうがいいでしょう。

それくらい嫌な人間は世の中にはたくさんいるものです。そのように嫌な人間が職場にいた場合の辛さを軽減する方法について考えてみたいと思います。

職場はあくまで仕事をする場所

まず考えておくべきなのは、「職場はあくまで仕事をする場所」とわきまえておくことです。

どうも日本では職場と私生活の区別があいまいで、例えば仕事が終わってからも職場の人間との飲み会に無理矢理つき合わされたり、週末に職場の人間などとのゴルフにつき合わされたり、ということがよく起こります。

これに対して欧米先進諸国では仕事と私生活の境界線がはっきりしており、職場の人間とはあくまで仕事上のつき合いであり、私生活には立ち入らせない、ということが多いのです。

仕事が終わればさっさと職場から去り、私生活を楽しもうという姿勢なのです。仕事の後もダラダラと職場の嫌な人間と飲みに行ったり、休みの日までつき合わされたり、などということはめったにありません。

私たちも彼らからこの姿勢を学んだほうがいいと思います。

職場あくまで仕事上のつき合い

職場の人間はあくまで仕事上のつき合いなのであって、嫌な人間がいたとしても業務さえうまくこなせれば良いわけです。間違ってもそういった人間を仕事以外の自分の人生に干渉させないこと。

嫌な思いしか残らない飲み会の誘いや休日に付き合うよう言われても断ること。これだけでもかなり負担は軽減させることができることでしょう。

職場にいる嫌な人間を私生活にまで立ち入らせなければならない義務や責任はありません。

ただ、職場にいる人間が不法行為を行って自分にいやがらせなどをしてくる場合、例えばセクハラ、いじめ、暴行、受動喫煙などの場合は、毅然とした態度でやめるよう訴えるべきです。

当事者同士で解決しない場合は、弁護士や行政等第三者を活用してでもやめさせましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ