昼寝で体内時計が狂いつらい不眠症になった? 26歳 女性 N・Iさん

私は、今までに一度も不眠症になったことはありませんでした。最近初めて不眠症になって、すごく困っていました。

不眠症は私に一切関係ないものだと思っていたので、すごく嫌でした。不眠症になった原因として、生活のリズムがおかしくなったからだと、私は思います。

仕事を辞めてから体内時計が狂った

実は、仕事を辞めたので、家にいる時間が多くなったことから、昼寝をしてしまうので、体内時計がおかしくなったのだと思います。仕事をしているときは、朝6時ぐらいに起きていたけど、今はそれがだんだん遅くなっていき、寝るのも遅いという、悪循環になっています。

夜寝るのが遅いと、昼に眠たくなります。そして、昼寝すると夜寝れなくなるという、これが不眠になる原因だと思います。本当に、悪循環が続いて、こういう風になるのだと思います。

疲れていないから不眠に?

もう一つの原因としては、家にいるので、仕事をしているときより、体を動かしていないからだと思います。やはり、疲れないと、ぐっすり眠れないと思います。

不眠症になると、夜の時間が長く感じます。夜12時に布団に入っても、眠れなくて、「眠れない眠れない」と思ってすごく悩んでしまうことがつらいです。しかも、夜寝れないと体がだるい気がします。

本当は、夜の11時から2時の間にいいホルモンが出るので、本当はその時間に寝ていなければならないのです。寝れないと、寝れない寝れないと考えすぎてしまい、不調になるのがすごくつらいです。

昼寝をしないことが不眠の解決に

ネットで、「どうやったら夜寝れるか?」をすごく調べたりしました。寝る前に、自然の音楽を聴くとか、あったかいミルクを飲むとか、マッサージをするとか、いろいろ書いてあって、試したけど、その時は全く効果なしでした。

結局、「寝れない寝れない」と思い詰めることが良くないみたいで、眠たくなったら、寝るというのが一番です。

そして、朝なるべく早く起きるようにして、昼寝をしないことが一番大事です。昼寝をすると、疲れが取れてしまい、夜寝れなくなるので、昼寝をしないことが一番です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ