もしかして中途覚醒?夜中に何度も目が覚める原因は!

夜中に何度も目がさめてしまうという症状に毎晩のように悩まされている方は多いですが、これは中途覚醒と呼ばれる不眠症の一種です。年齢が増すにつれ中途覚醒に悩む人は多くなり今では人口の10%以上が中途覚醒の症状を持っています。

中途覚醒が頻繁に発生するとどうなるでしょうか。深夜、寝ている最中に目が覚めるということは、そのぶんだけ睡眠時間が削られることを意味します。睡眠時間が少なくなれば、脳や身体の疲労が完全には回復できなくなります。

そして、その影響は日中の眠気という形で現れてきます。まずは症状と原因をよく理解し早期に治療にあたりましょう。

夜中に何度も目が覚めるのは?睡眠障害の中途覚醒!

不眠症?快眠のリズム!

人は睡眠中に眠りが深い状態と浅い状態を持っています。これがいわゆるレム睡眠とノンレム睡眠と言われるものです。

レム睡眠とは眠りが浅くなり、脳が覚醒していて休んでいない状態でノンレム睡眠とはその逆の深い眠りに陥っている状態です。一般的には90分毎にこの眠りの周期が繰り返されるます。夜中に起きるのはこの眠りが浅いレム睡眠時です。

その日の体調や身体の疲れ具合で多少周期が変わる事が有っても基本的には一定のリズムで眠りの波が訪れます。

不眠症?中途覚醒が発生する時間

中途覚醒は、ある一定のタイミングで発生することが多いです。具体的に言うと「眠りについてから3時間後か4時間半後」です。人の眠りは90分間隔でレム、ノンレムの状態を繰り返すので90分の倍数の時間帯に目が覚めやすくなります。

中途覚醒?原因は多岐にわたる!

睡眠が浅くなったときに中途覚醒しやすいとしても、目を覚まさずにグッスリ眠り続ける人もいます。これは、睡眠深度のサイクル以外にも中途覚醒を引きおこす要因が様々あるからです。中途覚醒の要因は沢山ありますが、代表的な5つの要因をあげておきます。

    <中途覚醒の代表的な5つの要因>

  • 加齢による影響
  • お酒や食事の影響
  • 体の痛み
  • 無呼吸症候群
  • 周期性四肢運動障害

夜中に何度も目が覚めるのは?加齢による影響!

人間の睡眠には深さが有ります。40歳を超えると加齢とともに睡眠の深さが自然と浅くなります。そうなると熟睡していないので中途覚醒がおきやすくなります。かなり高齢の方が朝早起きだというのは就寝の時間が早いのも有りますが加齢とともに起きてしまうからです。

夜中に何度も目が覚めるのは?お酒や食事が影響!

不眠症?夕食の時間が原因!

夕食の時間が遅かったり夜食を食べたりすると胃の中で食べた物が消化中に寝ることになります。頭は寝ていても身体の一部が活動しているので、当然眠りは浅くなって中途覚醒につながります。

不眠症?アルコールが原因!

また、食事と一緒に晩酌を毎晩する方も多いですが、アルコールの力を借りて寝付くのは確かに効率的でもあります。しかしながら寝る前に深酒をするとアルコールを分解する為のアセトアルデヒドという物質に変わります。

このアセトアルデヒドには毒性があり、悪酔いや二日酔いなどの原因となります。このアセドアルデヒドは交感神経を刺激する作用があるので脳が覚醒して目が覚めやすくなります

夜中に何度も目が覚めるのは?体の痛みが原因!

睡眠中に首や肩、腰などのなどに負担がかかると、その痛みのせいで中途覚醒する事が良くあります

不眠症?寝方や姿勢が原因!

まずは寝方や寝る姿勢で痛くなることがあげられます。体の一部に血行不良が起こりその部分に硬化が起こると痛みが生じます。寝る前にストレッチで体をほぐすなどしてから変な姿勢で寝るのを避けて睡眠に入ればある程度の予防にはなります。

不眠症?寝具や枕が原因!

また、体が痛むもう一つの原因としては寝具や枕の問題があげられます。長年使っていて枕やクッションが劣化した結果血行が悪くなる場合が有ります。

最近では買う前に自分に合った寝具をフィッテイング出来るお店もあるので本当にぐっすり眠りたい方は一度相談すると良いでしょう。

夜中に何度も目が覚めるのは?睡眠時無呼吸症候群!

不眠症?無呼吸症候群が原因!

無呼吸症候群とは寝ている最中に呼吸が止まっている状態がおこる症状です。これは人によって症状の重さは違いますが寝ている間に無呼吸の時間が何百回も起こります。

無呼吸の時間は短いと10秒程度、長いと3分近くも無呼吸の状態が続きます。結局苦しくて無意識のうちに起きるので脳が覚醒してしまします。無呼吸のせいで中途覚醒している場合、一時的に脳が覚醒するだけで、すぐに再入眠するから寝ている最中に目が覚めたという自覚症状が有りません。

不眠症?いびきをチェック!

病院で1泊検査をすれば無呼吸症候群か否かはすぐわかりますが、いびきがすごい人はこの無呼吸症候群になっている事を疑ってください。無呼吸と判断されたら自宅でCPAPPという装置を使い機械で強制的に呼吸が止まらないように空気を送ります。慣れれば大変快適に朝まで熟睡できます。

夜中に何度も目が覚めるのは?周期性四肢運動障害!

睡眠中に足がピクピクと動いたり、ひじが一瞬動いたりする動作が繰り返される睡眠障害が起こるのが周期性四肢運動障害です。この症状も手足の動きにともなって脳が覚醒してしまうから中途覚醒の原因になります。

不眠症?周期性四肢運動障害は自覚が無い!

ほとんどの場合、本人は手足の動きのせいで目が覚めたとは自覚できません。そのため、なぜだか分からないけど夜中に起きてしまったという感覚を持つことになります。この症状は40歳過ぎから始まる事が多く歳を取ると頻繁に発生し、また逆に若い方はほとんどなりません。

眠れない?中途覚醒はなるべく早く治療!

睡眠はその日の疲れ具合や身体の調子にも左右されますのでたまに夜中に目が覚める事があるのはそんなに気にする必要はありません。

しかし、日常的に目が覚める傾向のある方は、なるべく早く病院を訪ね各症状の改善をする事をお勧めします。また、不眠症は長引くと鬱や様々な疾病を招くことになりますので早めに改善する事は言うまでも有りません。安眠を得る為に出来る事は小さなことから改善していくという気持ち大切です。前向きに何でもやるという気持ちを持って改善に努めてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ