なぜ光療法でうつが改善できるのか?

光療法光療法は5000~10000ルクスの光を毎朝1時間程度浴びるのを持続的に行う(2週間以上)ことにより効果が出てきます。やることは光を浴びるだけですので副作用がないのでリスクなしに取り組むことが出来るので今まで試したことがない方にはぜひ試してほしいです。

ちなみにルクスとは光の明るさを示す単位です。

光療法は?

光療法を行う専用の蛍光灯があり、2500~10,000ルクスと種類は色々あります。この蛍光灯を使って、50センチぐらいの所から直接目に光を1時間程度浴びる事を継続して行うことで効果が出てくるそうです。

冒頭で「毎朝」と書きましたが、昼や夜ではなく、「朝」に行う必要があるからです。もちろん、これを使わなくて天気の良い朝などに太陽の光を十分に浴びる事でも良いです。

光の種類ルクス ルクス
晴れた日のお昼頃の太陽光 100,000ルクス
晴れた日の木陰からの太陽光 10,000ルクス
室内の窓からの太陽光 4000ルクス
デパートなどの明るい店内の光 1000ルクス
街灯 100ルクス
ロウソク 10ルクス
月明かり 1ルクス

なぜ光を浴びる必要があるの?

なぜこれをする必要があるかと言うと、まず体に「朝が来た」と言うサインを送り、1日の始まりを教えて、体内時計をリセットさせ、その約16時間後に眠たくなるよう体をセットするためです。きちんと光を浴びる事によって、夜に眠くなるメラニンと言うホルモンを分泌することが出来るそうです。

また、単に朝日が昇るぐらいの時刻に早起きするだけでもある程度効果があります。天気のいい日には、なるべく外に出て太陽の光を浴びる事はとても有効です。

もし外に出るのも辛かったら、お家の窓を開けて窓側で過ごすだけでも、少しずつ効果が出ると思います。

⇒10,000ルクス出る光療法専用のライトはこちら

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ