うつ病が2週間で改善する光療法とは?

光療法うつ病は心の風邪と言われ、現代は誰がかかってもおかしくないと言われています。

その原因の多くは重度のストレスとされており、まずはそのストレスを軽減、または抹消することが第一の治療と考えられます。

例えば、そのストレスが仕事によってかかるものならば、部署を異動したり、しばらく休職したり、場合によってはきっぱり辞めてしまうことが良い場合などもあります。

光を使って生体リズムを整える

人はなんとなく元気が出ない日があります。例えば、あなたも雨の日よりも晴れている日の方がなんとなく元気のような気がしませんか?朝日をいっぱい浴びると、一日が爽やかに過ごせるように感じませんか?

実はうつ病にもこの光の力を用いて治療する「光療法」というものがあるのです。光療法は、生体リズムを整えることによって、一部のうつ病に有効だとされています

光は精神的なこと以前に、全ての生命維持機能を働かせるのに必要です。人間は光に当たる機会が少なくなると、イラ立ちや疲労感が増し、不眠症やうつ病、アルコール依存症などの症状が出やすいと言われています。また、光を浴びることで昼と夜を認知し、起きて働いたり寝て休息を取ったりと、生体リズムを整えるのです。

2週間で体調が改善!

人間は太陽光の代わりにだいたい2,500ルクス以上の光を当てると、生体リズムを整えようとしますが、一般的な光療法では5,000~10,000ルクス程度を30分から1時間ほど浴びることが多いようです。個人差もありますが、その光療法を2週間程度継続すると改善が見られるとのことです。

ちなみに、ルクスとは光の明るさを示す単位で、晴れた日のお昼頃の太陽光は100,000ルクス、晴れた日の木陰からの太陽光で10,000ルクス、室内の窓からの太陽光で4,000ルクス程と言われています。

光療法は現在の薬物療法などの一般的に行われている治療法と併用することで、相乗効果も期待されています。光を浴びるというだけなので副作用などの心配もないことから、今後の更なる研究が望まれる分野なのです。

⇒10,000ルクス出る光療法専用のライトはこちら

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ