登山がもたらすうつ病への良い影響

意欲が失われてしまううつ病と登山は一見、最も関係がないのでは?と思いがち。

ですが実は、うつになったから登山に行きたいと願う人もおり、また医師に進められる人もいます。

治りかけに登山をし、それで社会へ復帰していく方もいるようです。

なぜ登山がうつに効果があるの?

登山において何がうつ病に効果があるのか。それにはまず森林浴があります。ストレスの低下だけでなく、血圧を安定させ、だるさを緩和します。

疲労した脳を回復させ、がんに対する免疫力をも高めます。一緒に読書をしたりするとよりいいです。

植物には周囲のバクテリアから自身を守るため、揮発性の植物体を発生させています。これが樹木の成長する秘訣となり、なんとこの精気を人間が吸うと身体によいということが科学的に証明されています。そのようなことからも、医学界では今、この森林浴を本格的な医療に応用が出来ないか研究されているのです。

うつになると家に籠りがちになりますが、それによって運動不足がつのるばかりです。

運動と言うと大げさになってしまいますので、「身体を動かす」ということをしなければ、比例して力が弱まり、筋肉も細くなります。老化も早まり、体型の意地も難しいでしょう。

ですが、うつ病の時に人の多い街を散歩するのも、早朝にランニングをするのもなかなか出来ません。自宅での筋トレでもいいのでしょうが、やはり太陽の光は適度に浴びなくては健康面にも精神面にも大きな違いが出てきます。そこでおすすめなのが登山というわけです。

どんな登山をすればいいの?

比較的簡単なレベルの山も多く、交通の便もややこしくありません。自然に触れながら人の目を気にすることもなく、のんびりと自分を見つめながら確実なペースで登っていくことが出来ます。そうして登り切れば、当然ながら達成感があります。

余談ですが、運動をしている人とそうでない人の死亡率は5倍ほどにまで差があるそうです。そして大切なのは、若い頃に「運動をしていた」「身体を動かしていた」ではなく、「今やっているか」ということだそうです。

つまり、大切なのは過去ではなく今現在ということなのでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ