引きこもりの勉強方法は?大事なことは勉強するための習慣!

引きこもりになってしまうと勉強も手につかなくなってしまうことが殆どです。しかし引きこもりになって一定期間を過ごしているうちに再び勉強がしたいと考える時があります。

しかし、長期に渡って引きこもりで勉強をしない期間が長いとどこからどう手をつけたらいいかわからないものです。引きこもりから勉強をやろうと思った時にどうしたらいいのか調べてみました。

一番大事なことは?机に座る習慣です

引きこもりになって勉強をしなくなってしまった場合に再び勉強をしようと考えた時に一番大事な事は、なんと言っても机に座る習慣を作ることです。

勉強を始めるのに大事なこと

引きこもりになってしまい再度勉強を始めようと思った時に注意しておくべきことは次の通りです。

    <再度勉強を始める時の意識について>

  • 勉強する習慣を作ること
  • 勉強する環境を整えること
  • 一気に色々とやろうとしないこと
  • わからなくて当たり前だと考えること
  • 人は必ず忘れてしまう生き物だと理解すること

1日どれくらい机に座るべき?

引きこもりによって今まで全く勉強をしていないのであれば机に座り続けることは苦痛です。たとえ1日時間でも座る事を続けられればいいのです。座り続けている内に勉強したいという意欲が必ず湧いてきます。

無理をすると?

今まで勉強していないのに勉強しようと思った時にいきなりスパートをかけて1日に10時間も勉強してしまう人がいるのですが、このようなやり方は数日持てばいい方ですぐに勉強をしなくなり何の意味も持たないのです。

次に必要な事は?環境整備です

机に座る事が習慣になってきたら次は勉強をする為の環境作りが必要となります。そして机に座るという事は勉強するという事とイコールであるようにしていきます。

机の上をみてみましょう

机に座ることが継続できるようになってきたら机の上を見回してみてください。手の届く所に漫画やゲームなどついつい気になって遊んでしまうので置いていないですか。これだと勉強をしていても気が散ってしまうはずです。

人は誘惑に弱い?

人は目に入るもの誘惑にとても弱い生き物です。勉強に関係ないものを机の上や側の見える所にあれば必ず誘惑に負けてしまいます。勉強する環境を作るために必ずそれらの誘惑するものは机から見えない所に移しましょう。

勉強の順番は?わかるところから

引きこもりの間全く勉強をしていないと引きこもる前で勉強が止まっているので非常に遅れていると感じます。ここで普通は取り戻さないといけないという思いから焦りを感じてしまうのです。

失敗しやすいのは?

急に勉強を始めると新しい事を吸収しようと難しい事に取り組んでしまいます。これは実は失敗の要因でわからない事ほど苦痛な事は無く、長続きしないのです。

続けるポイントは?

勉強を続けるポイントは基礎から、そしてわかるところから始める事です。焦って難しい勉強をしても三日坊主で終わってしまうだけでわかる事を喜びにしてやる気を継続させる事が大事なのです。

よくある失敗は?数多くの問題集

引きこもりの人を含めしばらく勉強をしていなかった人が、勉強をしようと思って始めた時に陥るのが問題集を何冊も購入して取り組もうとしてしまう事です。

自分を追い込んでしまう?

買ってきたその日はやる気が漲っているから大丈夫かもしれませんが、一向に進まない複数の問題集を抱えての勉強は、やらなければならないと自分を追い込んでしまい、しかしやれない自分を追い詰めてしまい、残念な事に挫折してしまうのです。

わからない事が多い時?あきらめないでやる続けること

引きこもりから勉強を始めると直面するのは、長いこと勉強から遠ざかっていたので内容がわからない、問題が解けないと言う事です。この事に心がけておくことが一回でわからなくても心配は要らないと考えることです。

大事なことは一回できないからと言ってやめてしまわないで何度もトライする事なのです。必ず目の前がパッと開ける瞬間がやってくるので気軽にやり続けるようにしましょう。

人は基本忘れます

一生懸命勉強をし始めても直面するのはちょっと前に学んだ事をすぐに忘れている事です。これも人間は忘れるのが当たり前という事を認識していないと挫折の要因になってしまいます。忘れて当たり前だからこそ復習する事が重要で効果的なタイミングとしては翌日、3日後、一週間後が頭に定着しやすくお勧めです。

まとめ

引きこもりになってしまうと殆どの人は、今までやっていた所で勉強は止まってしまい再度勉強を始めるためには、多くのハードルが立ちはだかってしまいます。その中でも一番難しいのが勉強を継続的に行なっていく事なのです。

継続的に行なっていくためのポイントは習慣にすることなのでまずは何もしなくてもいいから必ず決まった時間には机に座る習慣を作る事から始める事が重要なのです。

次に引きこもりになるとどうしても自分の欲望として渦巻くネットや漫画、ゲームなどに手をつけたくなってしまいます。それらを手の届かない所に移し誘惑されない環境作りをしていきます。そしてわからなくてもいつかはわかる時がくると気軽に考え勉強をしていくことが大事なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ