パワハラでうつ病に!休職で体調管理をして冷静な判断で明日の自分がある 男性 37歳 人材派遣会社 営業 T.K.さん

中途採用において、かなりの倍率を突破して入社したのですが、まさかそこで私がうつ病になるなど入社した当時は夢にも思いませんでした。

その職場では初めてパワハラというものを体験し、成果主義における卑劣な職場環境を体験したと思います。

パワハラの始まり

私が中途入社した会社は、グループで東証1部上場を果たすおおきな会社でした。故に株主やスポンサーサイドには飽和した人材派遣業界において、経常利益が著しく伸びている後ろ姿を見せないといけない為、毎日の成果に対して目標に達していないと詰められる、そんな毎日でした。

毎日実績がクリア出来るわけでもなく、矛先はいよいよ中途採用で入社した私を含むグループにまで、いつしか夢の中でも仕事をしている、そんな日が続きました。

体調の変化

そして毎日詰められるようになり2か月、3月で気候もよくあったかいはずなのに、咳が止まらなくなったのです。病院にいくと、ウイルス性の咳なのでマスクをして予防していてくださいくらいだったのですが、会社を休むと日に日に何もしたくない嫌悪感にかられ、ついにはなにもしたくない状況になってしまったのです。

もともと転職してからおかしいと感じていた妻は、精神科に付き添ってくれて診察を受けると「うつ病」との診断だったのです。診断書を取り、妻は会社に「なぜここまでして成果を求めるのか」と私に変わり上司に訴え、有休も含めた休職扱いとなったのです。

治療から回復まで

その一連の流れについて、ほとんど私は何もできませんでした。その時はまともでなかったので、とりあえず休めて嬉しいというだけでしたが、睡眠を取って三食毎日きちんと食べ、普通の生活をするようになってからというもの、体調は良くなったものの次第に社会に置いていかれてしまったのではという嫌悪感にも陥りました。

しかし私の場合唯一救いだったのが、体調が良くなったので、少しづつまともな判断が出来るようになってきたという事でした。そばに妻がいてくれたのも大きかったのですがやはりあの会社のパワハラは異常だったという事に、うつ病が良くなりかけて初めて気づいたので、休職期間が終わると同時に退職しすぐに新しい職場を見つけて仕事を再開しました。

そこではパワハラはないので、うつ病はいつのまにか回復へと向かいました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ