環境を変えれば適応障害は治るのか?2つのアプローチで克服しよう!

適応障害とは、新しい環境や出来事をストレス要因として、それに対応することができず、次第に心身の不調を現す疾患です。

適応障害の根本原因は、「自分」と「環境」の価値観のミスマッチにあります。現在の置かれている環境に対して、自分自身としては納得している場合でも、深層心理的には納得できないため、無意識的にストレス反応を現していることもあります。

適応障害と環境には深い関係性が認められているため、その背景や対策について説明します。

環境への反応は人それぞれ!速やかな環境調整が必要!

環境や出来事などへのストレス反応は、その人の価値観が大きく影響しているため、人それぞれ違って現れます。

ストレス要因の把握が重要!

同じ環境に置かれても、それがストレス要因となり適応障害を発症するかは、個人差が大きく、本人とっては、非常に苦痛な環境であっても、他の人にとっては何の問題も生じていないことがほとんどです。そのため、「何が(誰が)」、「何故」、「どのように」本人にとってストレス要因となっているかを明確に把握することが、環境に適応するために重要となっています。

放置はうつ病移行をまねく!

適応障害の初期段階では、ストレス反応が強く出現していますが、まだ完全に精神の平衡を破壊するまでには至っていません。適切な対処が行われストレス要因を排除できれば、比較的速やかに症状の回復が期待できます。

しかし、適切な環境調整がされず放置されると、脳内の情報伝達物質の機能異常を引き起こし、本格的なうつ病を発症する可能性が高いため、速やかな対処が必要です。

発端となる環境変化とは?必要に応じて能動的対処を!

どのような環境が発症の要因になるかは人それぞれであり、治療にはその要因に合わせた対処が必要となります。

発症に影響する気質とは?

適応障害を発症する発端として多いのは、生活環境の変化です。それに対するストレス反応には個人差が大きく、本人の「適応力」、「忍耐力」、「価値観」、「ライフスタイル」が大きく影響しています。

    <主な生活環境の変化>

  • 学校:入学、クラス替え、転校、留学、成績不振、受験など
  • 仕事:入社、昇進、転勤、異動、過剰労働、転職など
  • 人間関係:周囲(同僚、友達、上司、先生)とのトラブル、孤立、失恋など
  • 家庭:離別や死別など

ストレスを排除するには!

適応障害の治療において、ストレス要因の排除の可否が重要なファクターであり、時間を待てば自然に消失する要因でなければ、能動的に環境を変える必要があります。

    <環境を変えるほうがいい場合>

  • 休日など、職場や学校から離れると心身の不調の改善がはっきりみられる
  • 特定の人と会う、特定の場所や行動につらさを感じる
  • 特定の人や特定の場所や行動のことを思うだけで、つらさを感じる

克服へのアプローチとは?時には症状緩和を優先に!

ストレス要因を排除し、適応障害から克服するには、「環境を変える」と「自分を変える」の2つのアプローチがあります。

安易な離脱のリスクとは?

適応できない環境からできるだけ早く離れて、本人の適した環境に移る方法は、病状が深刻化を防ぐ手っ取り早い手段であり時には必要です。

しかし、現実に環境を変えることは難しい事や、困難や試練を乗り越える粘りや抵抗力がつかないという難点もあることを留意しておくことが大切です。

    <ストレス排除へのアプローチ>

  • 環境を変える:人間関係や場所を変えることでストレス要因を取り除くアプローチ
  • 自分を変える:物ごとに対する自分の受け止め方や考え方、スキルを見つめ直し、環境への適応力を高めるアプローチ

症状緩和を優先する場合とは?

環境を整えたり、変えるような時間的余裕が無い場合や頭では納得していても、深層心理が今の環境を拒否している場合は、医師に症状を緩和するために投薬や分自身のあり方を考え直すカウンセリングや心理療法を受ける必要があります。症状を緩和しつつ、環境の変化を待つ、または環境を変えるための時間を得るための有効な手段です。

適応障害の増加の背景とは?家族関係の変化も影響か?

近年、社会人(特に若手社員)の適応障害の増加の背景には、「社会環境の変化」と「家族関係の変化」が挙げられます。

企業の要求が高度化!

企業間の競争激化に伴い、ビジネスのスピード、扱う情報量、仕事のなどが劇的に高度化しています。そのため企業サイドには、人材を育成する余裕を失って力不足の社員を許容することが難しく、若手社員にも一線級の活躍が要求されるようになりました。

その結果、企業が求めるハイスペックな要求と現実のスキルとのギャップが、大きなストレス要因となって若手社員だけでなく中堅社員の疲弊をまねいています。

未熟さを生む要因とは?

若手社員の発症が多い背景には、社会的な未熟さを抱えたまま社会に出てしまっているという側面があります。

メンタルを病んでしまう若手社員の傾向として、「他責的な思考」、「自分本位なコミュニケーション」がみられ、「報告、連絡、相談」など社会人としての基本的な要素が身についていない人が多いのも特徴です。

このような若手社員の未熟さの原因として、両親との家族関係の変化し「友達化」した関係が増えたことが挙げられています。両親とまるで友達のような関係性で育ってしまうと、社会人としてのノウハウを身に着けられないこともあります。

いじめやパワハラは犯罪です!我慢せず逃げよう!

「自分を変える」アプローチが重要ですが、いじめやパワハラがあった場合は、迷わず逃げることが大切です。負の経験しか残りませんので、我慢して耐える必要は全くありません。

早めに専門機関に相談を!

パワハラの場合ならば、現在では法律も整備されて社外に相談も可能です。

いじめの場合は、残念ですが昨今の報道を見る限り、学校には期待できないため親が守るしかありません。いじめは、内容によっては傷害罪、恐喝罪など犯罪であり、何より人権侵害であることを押さえておきましょう。

早めに「心の病気の相談窓口」に相談し、一人で悩まないことが大切です。

    <心の病気の相談窓口>

  • 各市町村の保健所(保健センター)
  • 各都道府県の精神保健福祉センター
  • いのちの電話などの民間相談機関

まとめ

ストレス反応は人それぞれですので、「他の人は我慢している」、「問題ない人が多い」と考え、我慢したり、説得しても何の効果もありません。

適応障害の症状を改善するためには、本人にとって、あるいは適応障害で苦しんでいる身近な人にとって、「どういう状況や環境がストレス要因となり苦しんでいるのか」、「どのように環境調整を行えば適応しやすくなるか」という観点を持つことが重要です。

また、どこにでもストレス要因となり得る「変な人」や「厳しい環境」は存在しています。「環境を変化させる」とは簡単ではないこと、それだけでは解決しないことあることを理解しておきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ