不安障害に処方される薬の効果とは?1か月程度の経過観察が必要!

「不安障害」とは、強い不安感によって、「行動」、「心理」、「身体」に影響を及ぼしてしまう疾患です。

不安障害の「薬物療法」は、脳内の神経伝達物質の異常が恐怖や不安の発症原因と捉え、薬物によって脳内の神経伝達物質をコントロールし、恐怖や不安の症状を抑える治療方法です。

不安障害の薬物療法では、現在どのような薬が処方されどのような効果があるかについて説明します。

脳に作用する薬物療法!処方される薬の種類とは?

脳に作用する薬物療法!

「心の風邪」と言われているうつ病の治療薬は脳内の情報伝達物質に作用しますが、同様に不安障害の薬物療法でも脳に作用する治療薬が処方されています。

処方される薬の種類とは?

不安障害に処方される薬剤は、不安障害の種類によって使い分けられており、主に「抗うつ剤」、「抗不安薬」の2つの種類が用いられ、症状や状況に応じて「抗精神病薬」、「漢方薬」など様々な治療薬が用いられています。

不安障害の第一選択薬とは?充分な経過観察が必要!

不安障害の第一選択薬とは?

パニック障害などの不安障害に属する疾患は、その原因にセロトニンが関係していることが疑われています。

不安障害では、脳内の不安や危険に反応する「扁桃体」の働きが過活動になっているため、セロトニンを増やしてセロトニン受容体に作用することによって扁桃体の過活動を抑制し、不安や恐怖を軽減させる「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」と呼ばれる抗うつ剤が用いられています。

SSRIは、セロトニンを選択的に増やす作用に優れるため、不安障害の薬物療法での第一選択薬となっています。

    <日本で処方される抗うつ薬>

  • フルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)
  • パロキセチン(商品名:パキシル)
  • セルトラリン(商品名:ジェイゾロフト)
  • エスシタロプラム(商品名:レクサプロ)

充分な経過観察が必要!

SSRIは、比較的新しい抗うつ剤で安全性も高く副作用も少なく、最初に用いるお薬として適しています。ただし、効果が出るまでに時間がかかる難点があり、しっかりとした効果が出るまでに2週間~1か月程度の経過観察が必要です。

また、海外で行われた試験では、自殺に関するリスクが増加するとの報告があり、若年者への処方には、慎重な検討と充分な配慮が重要となっています。

抗不安薬の効果とは?耐性や依存性に注意!

抗不安薬の効果とは?

「抗不安薬」は、SSRIを補助する役割として処方されます。抗不安薬のメリットは「即効性」です。早いものだと飲んで15分程度で効果がみられるものもあり、「発作が起きそうな時」や「不安や心配が高まってきた時」など不安障害の症状に対してすぐに使えるメリットがあります。

耐性や依存性に注意!

抗不安薬には抗うつ剤には無い「耐性」や「依存性」が存在するため、長期の服薬はできるだけ避ける必要があります。耐性や依存性のデメリットが存在するため、多くの治療ガイドラインでは「使用は短期間に限る」とされています。そのため抗不安薬は、不安障害の第一選択薬とはなっていません。

    <耐性と依存性>

  • 耐性:特定の物質を摂取し続けると次第に身体が慣れてきて、効果がなくなってくる事
  • 依存性:特定の物質を摂取し続けていると次第にその物質なしではいられなくなる事

抗精神病薬とは?強迫性障害を対象!

抗精神病薬とは?

不安障害の1つ「強迫性障害」には、補助的な位置づけとして「抗精神病薬」が用いられることがあります。

抗精神病薬は古い第1世代と、比較的新しい第2世代の2種類がありますが、総合的に安全性が高い第2世代が主に用いられています。

強迫性障害を対象!

抗精神病薬は、主に統合失調症の治療薬として処方される薬で、脳のドーパミンのはたらきをブロックする作用があります。抗うつ剤だけでは効果が不充分な場合や、妄想を伴うような強迫性障害が対象となっています。

漢方薬は不安に効くのか?ゆっくり効き副作用が少ない!

漢方薬は不安に効くのか?

「漢方薬」の中には不安や恐怖に対して効果を示すものがあり、症状や本人の抗うつ剤などへの抵抗感など状況に応じて漢方薬を使うこともあります。

ゆっくり効き副作用が少ない!

漢方約は、抗不安剤や抗うつ剤よりも副作用が少なく長期間服用できるメリットを持っていますが、即効性はなく、1か月程度かけてゆっくり穏やかに効いてくるということを理解しておく必要があります。また、効果には個人差が大きいことも留意しておくことが大切です。

まとめ

どのような薬にも何らかの副作用はありますし、服薬を中止すると再発や悪化することもあり、薬に対する潜在的な不安が存在しています。また、不安障害などの精神疾患では、薬物療法だけでは根治が困難な場合が多いです。

薬物療法を行う場合は、長期にわたる服用を覚悟し、「薬は不安や恐怖を乗り越えて生活を立て直していくための補完的な治療」として位置づけ、専門医の指示のもと精神療法の併用など適切な治療を続けていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ