適応障害への対応で注意することは?2つの治療過程にあった対応を!

適応障害は、発症の原因となったストレス要因を明確に特定できる特徴をもった疾患です。しかし、本人はストレス要因を分かっていても、周囲には理解してもらえないことが多いです。ストレス要因に対するストレス反応には個人差が大きく、本人とっては、非常に苦痛な環境であっても、他の人にとっては快適な環境であることも珍しくありません。

適応障害の「環境に適応できないことが発症の原因」となっている概念は、適応できている周囲の人達には理解が難しい側面があり、対応に悩まれることが多くみられます。

適応障害の方にどのような接し方をすれば良いか、そのポイントについて説明します。

接し方を知るためには?環境の良し悪しは無関係!

適応障害とはどのような疾患であるかを知らなければ、接し方を理解するというのは困難です。

発症の原因を理解する!

適応障害の方との接し方を知るためには、「適応障害とは、特定の環境の価値観と自分の価値観のかい離が大きく、そのストレスによってさまざまな症状を発症してしまう疾患」であることを理解する必要があります。

甘えによる逃避とは違う!

適応障害の根本の原因はストレス要因への不適応でありますが、「適応するための本人の努力にも関わらず、適応に失敗してしまった結果」であって、適応するための何のアクションも起こさず、ただその環境からにげてしまう「甘え」とは全く異なっています。

また、その環境は「一般的にブラック」と呼ばれる過酷さや厳しい環境とは限りません。適応障害は、本人の価値観と置かれた環境とのミスマッチで生じるもので、一般的な環境の良し悪しではありません。

発症しやすい性格とは?本質は行動では見えない!

適応障害の方の中には、表面上の性格や言動から決めつけるのではなく、「一見こう見える」が、「こういう一面もあった」など、その人の本質を見極めることが大切です。

共通した性格傾向とは?

適応障害になり易い性格があるわけではありませんが、発症した人にはある程度の共通した傾向がみられます。全ての方に該当するわけではありませんが、多くの場合「自分の発言に責任を強く認識している」、「人間関係を持つことへの多少の恐怖感」を持っている点が挙げられます。

    <共通的にみられる傾向>

  • 「真面目な責任感の強い人」≒「融通がきかない頑固者」
  • 「自分の考えをはっきりと表現する人」≒「自分の意見を押し付ける人」
  • 「優しくてマメな人」≒「周囲に遠慮している臆病な人」
  • 「明るく面白い人」≒「周囲の目や評価を気にする人」

感受性と耐性は人それぞれ!

ストレス要因への感受性と耐性は人それぞれで個人差が大きく、日常一見して何も問題を感じさせていませんが、実は本人にとって過剰なストレス要因となっていることがあります。そのため、その人の表面的な行動ではなく、「その人の本質」に目を向けことが大切です。

    <ストレスを隠しているタイプ>

  • 陽気で愉快に場を盛り上げてくれるが、無理に明るく演じているようにみえる方
  • 自ら率先して周囲に気配りをしているが、周りの人への遠慮や委縮しているようにみられる方
  • いつも明るく楽しそうにふるまっているが、時折、暗い話や深刻な話をする方
  • 責任感を感じさせるリーダーシップを発揮しているが、余裕の無さや無理しているように見える方
  • 真面目にコツコツと物事をこなしているが、トラブルに弱く融通がきかない面がみられる方

実は自分が発症の原因に?ストレス判定は受け手に!

適応障害とは、ふとしたきっかけで誰でもなり得る疾患であり、誰でも無意識にその「きっかけ」となっている可能性のある疾患です。しかし、「きっかけ」となった方は、そのことに気付かず理解していないことが多くみられます。

正論でもストレスに!

適応障害の症状には、ストレスから身を守るため一時的に思考や判断が鈍り、社会的に不相応な行動を起こさせることがあります。それを正論で説得しても、本人にとってはストレスでしかないという悪循環を起こしている可能性があります。

いくら論理的で正当な行為であっても、どう受け止めるかは聞き手にあるため、絶対に正しい伝え方や接し方は存在しないことを忘れてはなりません。

言ってはいけない言葉とは?職場に必要な対応とは?

家庭でも職場でも、気兼ねなくいつでも声をかけられる雰囲気を伝え、安心感と信頼を築くことが大切です。

励ましと質問は禁句!

適応障害の方との接する上で、禁句とされている言葉として「励まし」と「質問」の2つがあります。

    <避けたい発言例>

  • 励ましの「頑張れ!」:頑張って我慢した結果の発症であり、「無理をしてでも」という意味が隠れていてストレスとなるだけでナンセンス
  • 質問の「何があったのか?」:原因を答えられるなら、そもそもストレスを溜めこんでいない

素人判断は悪化をまねく!

適応障害の方は、「自分が周囲に迷惑をかけている」と自責傾向が強く、原因となる存在を話さないことが多くみられます。

職場においては、部下や同僚に成績の落ち込みや行動の変化など、何らかの精神疾患が疑われた場合、産業医など社内のメンタルヘルスの専門家に相談することが大切です。国(厚生労働省)も、「ストレスチェック制度の義務化」など様々なメンタルヘスケアの施策を打ち出していますし、「生産性向上」や「リスクマネジメント」の一環としてメンタルヘスケアに取り組む企業が増えています。

素人判断で不用意な言葉で状況を悪化させるより、メンタルヘスルの専門家に診てもらうのが一番確実です。

症状に合った接し方を!本人の主体性を大切に!

適応障害の方との接し方は、治療の時期における「休養期」と「回復期」で異なっています。

克服には主体性が必要!

休養期は、適応できない環境へのストレスで心身は大きく疲弊しているため、「心身の健康を取り戻す事」を最優先にして、「共感的」に「支持的」に接することが必要です。

回復期は、休養によってある程度正常な判断が出来るまで回復した状態であり、環境についてどう向き合っていくかを考えていく時期になります。相手を責めたり強要したりするような言い方を避けながら、現実的な意見や提案を伝えていきます。本人に、さまざまな意見から最適な判断していけるよう促し、主体性を育てていくことが大切です。

まとめ

「うつ病は励ましてはいけない」ということは広く知られていますが、うつ病と適応障害はまったく異なる疾患であり、ケースバイケースの対応が求められます。そのため、適応障害の方への接し方は、治療の時期によって大きく異なっているため、病気への充分な知識と理解が必要です。

適応障害への対応で一番必要なことは、ストレス要因から引き離すことです。そして、ある程度回復がみられたら、本人が主体的に環境への適応力を身に着けていくよう、支え促していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ