うつ病後に転職の面接でうつ病だったことを言うべきか?

うつ 面接うつ病を克服し、医師からも問題なしと判断されれば、晴れて社会復帰が可能です。

ではここで、始めに直面する問題として、転職する際の面接はどのようにすればいいのでしょうか?

うつ病という病は大きく認知されており、理解が得られないものではありません。ですが現状として、うつ病の再発による欠勤、休職、果ては退職などのリスク回避は企業側として当然ながらあります。そればかりは厳しいようですが、避けられません。

企業側の懸念点

企業はまず、採用者が就業後すぐに休職となってしまうことを懸念します。そのため、うつ病で前職を退職し、もしくは休職の後にやむなく離職したなどの場合、転職した現在で就業後の仕事に支障はないかという点が非常に重要なのです。

ですから、もしうつ病が完治しているのであれば、実は自分から話をする必要はありません。すなわち、前職で休職期間があったということも同様ですね。

質問には事実のみを簡潔に答える

面接で質問を受けた際には、簡潔に事実のみを話せばいいのです。よく勘違いされる方がいるようですが、これは企業側に嘘をつくということではなく、あくまで個人のプライベートであり、医師に大丈夫と診断された時点でクリアになっていることなのです。

転職の面接で、わざわざ自身が経験した数々の思い出や、若い頃のトラウマなどを話す方はいませんよね。それと同じということです。

そうは言ったものの、「やはり問題なく仕事をこなせるかどうか?」実際に職場や企業の方々を目の前にすると不安なところが大きいです。ですが、医師から問題はなしと診断されたわけですから、つまり仕事に支障が出ないということです。そのため、予防線にうつ病のことを申告するなどということもする必要はなく、また問題もありません。

つまり、入社までに自身の健康状態を完全に回復させておくということのみが重要です。転職活動前に、しっかりとリハビリをし、万全な状態に整えておくのが一番です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ