転勤のせいで鬱になり休職体験 女性 JA職員 40歳 M.A.さん

私が鬱になったのは転勤が原因でした。JAの仕事は数年ごとに勤務先が変わります。ただ私は今までの職場が良かったのか、勤務先が変わってもうまくやってきました。

しかし今度の勤務先は私の鬱の原因を作ってしまいました。私は結構おしゃべりが好きなタイプですが、その職場では人間関係がうまくいかずに1日中人としゃべらないことがありました。この結果、鬱になって一年ほど休職しました。

鬱により苦労したこと

鬱で辛かったことは、人が変わったようにしゃべれなくなったことです。人と対面することが怖くなって、誰かが自宅にやってきても居留守を使うことが何度かありました。本当にこのときは辛かったです。自分がどうして人前に出られないかも分からなくて相手に悪いと思いましたが、出られませんでした。

また何もかも手につかなくなって、ご飯を作ることも嫌になりました。そのせいなのかやがて、ご飯の味がしないという状況が続いて、この状態が最も辛かったです。食べても食べても味がしないのは苦痛でたまりませんでした。

どうしたらいいのかが分からなくて、夜も眠れませんでした。一つの症状がやがて様々な症状を誘発したような状態でした。これを家族に分かってもらうまでも苦労しました。

鬱が回復したきっかけ

回復の兆しを見せたのは、家族が協力してくれるようになってからです。私が料理を苦痛に思う気持ちを分かってくれた娘が私の代わりに料理を作ってくれました。

夫も今までまったくしなかった家事を手伝ってくれるようになって、すごく楽になりました。気持ちが楽になったのです。受け入れてもらってからは、どんどん症状が回復して行きました。

それから、JAの上司に相談した結果、勤務先を変えてくれるような考慮をしてくれて、私はやっと鬱の症状が治って行きました。様々な人の協力があったおかげです。鬱の自分を見離さないで、一年近くも休職させてくれたのもありがたかったです。

たくさんの人のおかげで私は仕事に復帰できました。今はもう鬱から大分回復して、通常の生活に戻りました。食事を「美味しい」と感じることのありがたさを強く感じるようになりました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ