定年後に高齢者がうつ病になる理由は?

近年、うつ病患者はかなり増加しています。

年齢も10歳に満たない子供から高齢者まで、いろんなことが原因で発症するのです。最近ではとくに、高齢者の発症割合が増加傾向にあります。

高齢者のうつ

高齢者の中でもうつ病が急に増加するのが定年を迎える時期にあたるのです。定年というと、退職後の有り余る時間をどのように使ってセカンドライフを送ろうかと考える方も多いですよね。

しかし、中には職を失ったという喪失感から、大きなストレスを受けてうつ病になってしまう可能性があります。ストレスというと万病の元であり、溜め込んでしまうと心身ともに弱ってしまい病気が発症しやすくなります。

環境の変化で喪失感

配偶者や家族との死別や、職の喪失、熟年離婚など、その後の環境が変わってしまうような喪失感を感じたとき、人はとても大きなストレスを受けると言われています。そのため、仕事に真面目に取り組んでいた人や、人一倍責任感を持って仕事していた人にとっては定年退職による職の喪失は、とてつもなく大きなストレスとなってしまうのです。

もしも、退職後、家族との会話が減ったり、楽しみだった趣味に関心がもてなくなったりしているなら、一度専門家に相談したほうがいいかもしれません。

また、見た目には元気で退職前となんら変わりなくても、慢性的な眠気や疲れなどの症状がある場合や物忘れが多くなったなどの場合でもうつ病発症の可能性があるので診断を受けてみることをおすすめします。

日本人は精神疾患の通院を嫌う

日本人は、精神疾患に対してネガティブなせいか、精神科や心療内科の受診に抵抗がある方が多い傾向があります。特に高齢者の方は、通院の事実が他の方に知られることを嫌うようです。

しかし、うつ病は適切な処置を施せば治る病気だと言われています。発症した原因が人によって異なるように、治療方法も患者によって異なるため、自分に合った治療法が見つかれば必ず治るといっても過言ではない病気なのです。

定年後の人生も20~30年ほどある時代なので、専門家に相談してゆっくり治療し、セカンドライフの楽しみをのんびり探してみてもよいのではないでしょうか。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ