定年退職するとうつ病になる!定年退職うつ病の原因と対策は?

最近、「定年退職うつ病」というものが問題視されています。

これは何十年も勤めた会社を辞めた後などに起こる症状で、「退職症候群」や「定年症候群」とも呼ばれています。

この症状を発症しやすいタイプは、うつ病の方に共通な謙虚さを持ち、真面目に仕事をこなしてきた努力家の方に多い傾向があります。

なぜ定年後にうつ病になるの?

定年を迎えると今まで生活を占めていた仕事を失った喪失感によって、あるいは会社仲間との触れ合いが減ることによって、自分自身が社会的にもプライベートな家庭内でも劣っていると錯覚してしまいます。

うつ症状によってプライドを損ない、もしくは失い、劣等感に陥っては自分を過小評価します。

仕事をしなくてよい毎日をどう過ごしたらいいか、自分で悩み、それによって無気力、感情の偏り、何かをするという意欲までもが削がれていきます。そうして食欲もなくなり、睡眠障害などが発症し、定年退職うつ病となってしまいます。

このうつ症状を防ぐ方法として有効なのが、定年前の下準備にあると言えます。

どうすれば定年退職うつ病にならないの?

まずは、このような症例があるということを認識することが大切でしょう。その上で、日頃から仕事とは別に趣味を見つける

手をつけるだけでも構いませんので、何か自分が夢中になれることを探しておく。それが重要です。

また、家庭や会社とは別に人間関係を築いておく。これならば定年後に集まることもできますし、同じ趣味で集まった仲間なら自然と打ち解けられるでしょう。

家族でコミュニケーションを増やして、家庭内で自分の地位を確立しておく。

いざ定年を迎えた際、どうしても家にいることが多くなります。しかし、家族のためと働いて、仕方のないことですが仕事に偏りがち。

不本意ではありますが、疎かになってしまった家庭内で、いきなりに会話を増やすのは中々上手くいかないでしょう。ですので、日頃から家族間でスキンシップをはかり、ないがしろにしないというのが大切です。

定年後に家族で旅行に行く、というのもやはり今まで家庭のために頑張ってきた自分への最大のご褒美なのではないでしょうか。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ