うつ病で休職する時に「やるべきこと」と「やってはいけないこと」は?

うつ病で休職すると、毎日仕事に費やしていた時間を自分の時間として使えるようになります。そのため、何をして過ごせば良いか分からなくなる方も多いです。

そこで、うつ病で休職中にやった方がいい事や避けるべき事について解説します。

生活リズムを崩さないようにしましょう

まず、毎日規則正しい生活を送ることが大切です。先ほど述べたように、休職中はたくさんの時間がありますが、一番やってはいけないのが昼夜逆転など生活リズムを乱すことです。

うつ病で辛くてやる気が出なくても、朝起きて夜は寝るということを基本に過ごしてください。不眠症の方や仕事時間が規則的でない方などは、うつ病を発症するリスクが高いと言われています。

そのため、生活リズムが乱れているということは、うつ病の回復を遅めることになってしまいます。うつ病になると、朝の調子が悪いが夕方はましになるという症状がよくみられますので、朝起きることが苦痛になります。

体は、日光を浴びてから14~16時間すると、自然に眠気が訪れます。そのため、午前中には起床し、日光を浴びることで良い生活リズムを作ることを心がけましょう。

食事の際はどのようなことに注意すべきか

次に、食事についてです。うつ病にかかると本能的欲求が弱くなり、食欲低下が起こりやすいです。また、感覚も低下するため食事をとっても美味しさが分からなくなります。

しかし、たとえお腹が空いていなくても3食を食べるようにしてください。規則正しい生活習慣がうつ病回復への道になります。また、食事を摂取し栄養状態を良好にすることでうつ病の治りを早めることにもなります。

食事量は少なくてもいいので、とにかく朝昼晩の3回食事をとりましょう。食べ方としては、一気に食べずよく噛んでゆっくり味わったり、なるべく人と一緒に食べたりすることが大切です。

逆に、1人でスマホやパソコンを見ながら食事をすることはうつ病の回復を遅めてしまいます。

日中は活動し、なるべく眠らない

うつ病になると意欲やエネルギーが低下するため、外に出るなどして活動することが億劫になりがちです。しかし、全く外に出ず家にこもっているとどんどん動くことが億劫になり、悪循環に陥ってしまいます。短時間でも良いので、1日1回は外に出て日光を浴びることが大切です。

また、昼寝はできるだけしないでください。薬の影響で、昼間に眠気が生じやすくなりますが、昼寝をすると夜間眠れなくなるため、生活リズムが崩れてしまいます。

眠いときは少し体を動かすなどして、なるべく夜間に睡眠をとるようにしてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ