不安障害の人に対する接し方のポイントは?普段どおりが重要です

不安障害を家族や友人に持つケースは増えつつあります。その時に患者に対する接し方をどうしたらいいのかよくわからないと聞こえてきます。その為、不安障害なのだからとこちら側が過剰なまでに気を使って接してしまうことから患者との距離感が出き、自分もまいってしまうという事がよくあります。

実は不安障害の患者に対する接し方としては普段どおりという事がポイントでその時に注意しておく事や事前に知っておくと良い事があるのです。

家族や友人が不安障害になったら?気づかせてあげる事

家族や友人など普段から付き合いの深い間柄の人が不安障害となってしまったら恐らく殆どの人がどうしていいのかわからないはずです。

不安障害という病気をまず知る

不安障害とは不安や恐怖に対して過剰なまでに反応してしまう病気なのですが、実は思っているより本人もこれが病気であると受け入れる事が難しく、また周りの人も気付きにくい病気の1つなのです。

しかし不安障害という病気は一度なってしまうと風邪などの病気のようにすぐに治せる病気ではなく、またこれと言った治療方法がある訳では無い為、時間をかけてゆっくりと病気に向き合っていく必要があるのです。

不安障害という病気とは?

不安障害とは過剰なまでに不安や恐怖などによって苦しむようになってしまい、その事が起因して日常生活にまで支障をきたすような疾患全般の総称として使われています。具体的には次のような疾患が不安障害となります。

    <不安障害の疾患>

  • パニック障害
  • 社会不安障害
  • 全般性不安障害
  • 閉所恐怖症、高所恐怖症

その時に周りが気をつける事は?

家族や友人などが不安障害になってしまった、もしくはもしかしたら不安障害かも知れないと感じた場合にはその本人に不安障害は病気であり、心が弱いせいでは無い、そしてきちんと治療する事が大事な事だと気づかせてあげる事が重要なのです。

接し方のポイントは?普段通りです

不安障害の人に対する接し方のポイントは、こちら側が心配していることをさりげなく伝えてあげることなのです。そのタイミングは本人が辛そうな表情を悪化している時などで「辛そうだけど調子はどう?」などと声をかけてあげることが必要なのです。但し無理に理由を問いただすような事は逆効果になってしまうので注意して下さい。

基本的なポイントは?

自分自身が心の病になった事が無い人には中々わかりにくい事なのですが、あまり気を使われると本人としては自分のせいで周りに迷惑をかけているとますますふさぎ込んで行ってしまうようになります。要は接する時の基本的なポイントはいつもと同じように普通に接してあげる事が1番大事なことなのです。

会話する上でのコツは?相手の言う事を聞いてあげる事

会話する時のコツは、もし相手がこちらの問いかけに対して反応してくれるようならばとにかく真剣に向き合うようにして下さい。話を聞いてあげる事だけでも気持ちが楽になる事があるのです。

こちら側で言うといい言葉は?

相手が話てくれたのならば、こちら側としての反応は「辛くて大変だったね」とか「思いつめて苦しかったんだね」といったように相手の気持ちを繰り返すような言葉を言ってあげる事が大事です。

言ってはいけない言葉は?

逆に言ってはいけない言葉もあるので注意して下さい。言ってはいけない言葉のポイントは、自分の考えや意見などを押し付けるような発言、患者が言っていることを否定するような発言、無理やり外に連れ出すように促す発言などは、注意しないと不安や恐怖が増強され余計症状が悪化してしまう事があるのです。

不安障害の患者で気をつける事?これは性格では無く病気

家族や友人が不安障害になってしまった場合に事前に知識として知って気をつけておく必要があるものが次の通りです。

この症状は性格では無い

家族や知人が不安障害になった場合気をつけておく事としては、この不安障害という病気は、見た目は不安が過剰なだけなのでついつい性格と思いがちなのです。そして時にこちら側がムキになってしまう事があります。

性格が変わる事も?

また、この病気によって一時的に些細な事でも感情的になったり怒りの感情をぶちまけてしまったりと性格が変わってしまう事もよく見られます。しかしこれはあくまでも病気のせいである事をあらかじめ理解しておく事が大事な事なのです。

家族ができる事?生活習慣の改善です

家族が不安障害になってしまった時にできる事とはどのような事なのでしょうか?

生活習慣を整える

不安障害の治療を進めていく上で重要なポイントとしては日常の生活習慣を整えていく事が重要です。その為の大きなポイントとしては、生活リズムを整える事と症状を悪化させる要因であるアルコールやタバコなどを極力控えさせるようにしていく事です。

病院に行かせる

不安障害の患者で実は1番難しい事は、自分が病気であると認める事が中々出来ない事なのです。これは精神的疾患の大きな特徴で外見上わかりにくい事から本人も気づいても隠してしまう傾向があるからなのです。

家族ができる事としては、眠れていないようだとか、最近疲れているように見えるというような明らかな身体的症状から通院を促すようにしていく事が必要な事となります。

まとめ

不安障害の患者を家族や友人に突然持ってしまうとどうしていいかわからず自分自身がまいってしまう事がよくあります。特に家族で一日中家で顔を付き合わしているケースなどは、この不安障害という病気を理解しないまま接していると問題は大きくなるばかりです。

不安障害とは性格の問題では無く病気なのだという理解がまず重要で出ている過剰なまでの不安の状態はあくまでも病気の症状として出ているので本人の性格では無いと認識する事が必要なのです。

その上で普段通りに接しながら患者のことを理解してあげるように接し生活習慣の改善と通院を促してあげるようにしていく事が大事な事なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ