パニック障害をカミングアウトした高木美保さんのうつ克服法とは?

女優業の他にコメンテーターやバラエティなど幅広いマルチな才能で活躍する高木美保さんもうつで悩む1人でした。しかし高木美保さんの凄いところは自力でそのうつを克服したことです。ここでは高木美保さんがどのようにうつを発症して克服したのか紹介します。


高木美保さんがうつを発症したきっかけ

高木美保さんがうつを発症したきっかけは電車の中でパニック発作を起こしたことから始まりました。この発作がまた起きるのではないかと不安がさらなる不安を呼びやがて日常生活の全てが不安となりうつへとつながっていきます。

高木美保さんはこれが病気だとは知らず家族にも打ち明けませんでした。このことが高木さんを苦しめる結果となり自宅が心やすまる場所ではなくなり将来を悲観し始めます。

将来の心配を止めて

しかし、ある日「先のことを心配するのはやめて今を心配しよう」と気がつくのです。そこから彼女のうつの克服が少しずつ好転しはじめます。自分以外の誰かになる女優をやめてしまいます。すると自分らしさが戻ってきて、自分らしく振る舞いまわりの目を気にする必要がなくなりました。

うつは困難な状況に陥った自分を否定することから始まります。しかし、自分が自分を認め直す方法が見つかった時からうつの克服ができるのです。高木美保さんがラッキーだったのは、「私は女優に向いていない」と自分を苦しめる原因を自身で見つけたことです。

女優をやめることで、セリフを覚えるプレッシャー、他人になりきって演技する違和感、親の期待から解き放たれ自分が自分を好きになることによってうつを克服することができたのです。そして、現在は栃木県の那須高原で田舎暮らしをして自分で畑を耕し自然の中で心身共に健康に生活しています。

しかし、高木美保さんのように自分で原因に気づき克服できるのは稀なケースです。一般的には、うつになると元々持っていた判断基準や価値観が変わっているので、自分で自分の問題点を見出すことはかなり難しいことです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ